PROFESSIONAL
INTERVIEW
ザイオン 渋谷店
店長・幹部候補
神無 力さん 39歳

金もやりがいも欲張りたい。過去最高にアツい今、男が見据える新展開

金もやりがいも欲張りたい。過去最高にアツい今、男が見据える新展開

ザイオン 渋谷店

店長・幹部候補
神無 力さん 39歳
年収
800万以上
勤続年数
12年10ヶ月

大阪府豊中市出身。大学を中退後、キャバクラでのアルバイトをきっかけに夜の世界へ。その後は友人の紹介により『渋谷ガーデン』に入社。グループ各店から請われるかたちで、マルチプレイヤー的に店舗やポジションを渡り歩くこと12年。現在は『ザイオン渋谷店』で遅番の責任者を務めている。
人を楽しませることが大好きな社内のムードメーカー。ストレス発散の方法は、カラオケで大きな声を出すこと。

“クラブ違い”をきっかけに夜の世界へ。北新地の盛り場を渡り歩いた20代

none
――ご出身は?

大阪の豊中市です。子どもの頃は1人で机に向かっているより、友達と外で遊び回っているタイプ。小学生になってからは、サッカーを始めました。残念ながらこれといった結果は出ませんでしたけど、小中高とみんなでワイワイやってる感じが楽しかったですね。
で、大学は僕らの代から共学に変わった元女子大へ。先輩はもちろん全員女子。それだけ聞けばうらやましい状況かもしれませんが、学校全体の雰囲気というかノリが、どうもしっくりこない(笑)。新設されたサッカー部に入ってもなんだか物足りないし、学業のほうでも何かを学びたいっていう目的もない。
自然と大学に行く機会は減り、結局1年生の秋に退学してしまいました。

――その後は?

クラブのバイトに応募を。お酒を飲みながらみんなで踊ったり騒いだりする場所で働いたら楽しそうだなと思ったんです。それで梅田へ面接に行ったんですが、そこは僕のイメージしていたクラブではなくキャバクラ。求人誌の店名欄に「Club」と書いてあったのが、勘違いの原因だったのかな(笑)。ただ、気付いたときにはもう採用を断れなくなっちゃって。でも「ここまで来たらもうやってみるか」みたいな軽いノリでそのまま働かせていただくことにしました。

――実際、働いてみた印象は?

幸い、上司も同僚もみんな面倒見がよかったおかげで、思っていた以上に楽しくできましたよ。キャストさんたちへの対応は気を遣う場面もありましたけど、割と上手にできていたほうかなと。
そうして仕事にも慣れてきた頃、友人から北新地のクラブを紹介されて、徐々にそちらのほうにシフトしていきました。まあ特に難しく考えず、ノリで決めた感じ(笑)。ただ、高級店なだけあって梅田の店より接客自体が大変だった分、いい経験になったと思いますね。
その後も同じように北新地あたりのクラブやバーを渡り歩く生活を続けて、20代後半になると、今度は先に上京していた友人からまた仕事を紹介してもらったんです。

――今度はなんの仕事を?

それが『渋谷ガーデン』。今働いている『ザイオン渋谷店』の系列店ですね。もともと東京には興味があったし、ちょうどいいかなと思って、誘いに乗ることにしました。今から12年前のことになるのかな。

性に合う居場所で勤続12年。急成長の真っ只中に過去最高の“熱”を感じる

none
――夜の仕事が長いとはいえ、初めての風俗店。感触は?

実は僕、入社する前ちょっと骨折してたんですよね(笑)。そのせいで入社当時はまったく作業ができませんでした。

――出鼻をくじかれた?

実はそうでもなくて(笑)。上司や先輩は、みんな優しくて面白い人ばかり。ケガでもたついている僕にも親身になってイチから仕事を教えてくれました。仕事終わりには毎晩ご飯や飲みに連れていってもらったし、ワイワイ楽しくって感じで。雰囲気がすごく性に合っていたというか、とにかく居心地がよくてしっくりきたんですよね。

――仕事自体にもすぐ慣れた?

上司や先輩のサポートがあったことはもちろんですが、夜の世界での経験が比較的長かったこともあり、これといって戸惑うことはありませんでした。むしろ風俗店のほうがお客様の求めているものがシンプルな分、接客はやりやすかったかな。
一通りの業務を覚えてからは、結構重宝してもらいましたね。グループ内で人手が足りない店があれば異動、ある程度状況が落ち着いたらほかの店へまた異動、みたいな。現在は『ザイオン』で遅番の責任者として電話対応や配車業務をこなしながら、女の子や後輩スタッフのサポートにも力を入れています。

――現在のザイオンの状況は?

ありがたいことに、今の『ザイオン』はまさに急成長の真っ只中。グループの中で一番勢いがあると思います。売上は、僕らスタッフの給料にも明確に反映されていますよ。うちは役職が付いていない段階から給料の水準は高いほうだし、仕事ぶりに対する評価のスピードも早いですしね。
スタッフについても、みんな意欲的だから一緒に働いていてすごく楽しいんです。もっとお金をもうけたい、そのためにもっと店を大きくしたいってやつらばかり。いい意味でみんな欲張りなのかな(笑)。だから1日働いても、「やっと終わった」とか「疲れた」とかっていう愚痴が出てこない。それより、今日もやりきったぞっていう感情のほうがずっと大きい。
僕が経験してきた中では、店もスタッフも今の『ザイオン』が一番アツいですね。

真面目なクセ者、新しい風、大歓迎。やりがいしかない店の“次の展開”はすぐにでも

none
――では、今後の展望は?

もちろん、目指すのはもっと店を大きくすること。実は、人手さえ揃えばすぐにでも次の展開を考えられるような状況なんです。僕が入社した頃はまだ『ガーデン』だけでしたが、今では系列店がどんどん増えてきている。だから、僕らと一緒に店の中心メンバーになってくれる人が来てくれたらすごく助かります。

――どのような人が向いている?

まず、即戦力の経験者は特に大歓迎。多少クセが強いとか、我が強いとか、むしろそれくらいのほうがガッツがあっていいかも。こんなことをやってみたい、ここはもっと変えたほうがいいなど、正直にどんどん言える人が理想的。
それから未経験の人であれば、柔軟な発想で新しい風を吹き込んでくれる人。今までのやり方や考え方に固執していたら、時代の変化にはついていけなくなるし、店の成長も当然見込めません。今の僕らだけでは古い考え方にとらわれて、この先アイディアが出てこないこともありますから。もちろん、必要なことは最初にしっかり教えていきます。長いスパンで見ていくので、その中で自分の色を見つけてどんどん主張していってほしいですね。

――積極性が必要ということ?

そうですね。ただし、店のお金や女の子に手を出してはいけないとか、当たり前のことを守れるっていうのは最低限必要かな。
僕自身、その場の勢いとかノリ、楽しいのが一番、みたいな考えももちろんあります。でも、やっぱり人間真面目が一番。今までの仕事で、お客様やスタッフ、女の子、いろんな人とたくさん接してきて、ときに信頼していた人に突然裏切られたこともあったから。結局、大事なのは芯の部分なんです。

――では最後に、求職者に向けてメッセージを。

確かに、この業種は世間一般ではあまりいいイメージがないかもしれないけど、僕個人としては違う。女性のぬくもりを欲しているお客様と、高収入を必要とする女性。その間に僕らが立ってあげることで、どちらも幸せにすることができるんですから。本当にやりがいしかない、立派な仕事だと思いますね。ぜひ、いろんな人に応募してもらいたいです。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

ザイオン 渋谷店は、急成長中のエステ店です。新店舗出店に伴い、内勤スタッフを急募致します。
ザイオン 渋谷店
職種 ナイトワーク/無店舗型
地域 東京都・渋谷
インタビュー一覧に戻る

PICK UP!INTERVIEW

オススメのインタビュー

  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【ザイオン 渋谷店】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。