PROFESSIONAL
INTERVIEW
72
オフィスDTG
店舗スタッフ
守屋 貴夫さん 33歳

花形から裏方へ。東京ナンバーワンを目指す店を陰で支える名バイプレーヤー

花形から裏方へ。東京ナンバーワンを目指す店を陰で支える名バイプレーヤー

オフィスDTG

店舗スタッフ
守屋 貴夫さん 33歳
年収
500万以上
勤続年数
0年5ヶ月

大分生まれ、東京育ちの33歳。
大学卒業後は不動産会社の営業マンとして奮闘するも、管理職が肌に合わず転職を決意。ナイトレジャー業界で働いていた友人の勧めもあり『オフィスDTG』に入社する。現在は営業経験を活かした巧みなトークで内勤スタッフとして活躍している。
サッカー少年だったとは思えないほどに太ってきたという体型が悩みの種。最近は趣味と実益を兼ねたフィールサイクルにハマっているとのこと。

給料のよさに惹かれて就職した“軽いノリの営業マン”。それでも、何があっても3年はがんばろうと決意

none
――体格がいいですが、何かスポーツを?

高校までサッカーを。一応、小学校のときは地元の少年団のチームに所属してプロを目指してがんばってました。でも昔から目立ちたがり屋な性分で、中学に入ってからはそのときの流行でコロコロとポジションを変えちゃうという移り気なヤツでしたね(笑)。結局、高校2年のときには女の子にモテたい一心でダンスに浮気して、サッカーはあっさりと辞めちゃって(笑)。
でも人並みに勉強はしてたので、最終的には大学にも進学しましたよ。まあバイトとナンパに明け暮れる日々を送ってたけど(笑)。

――大学卒業後は?

いとこが働いてた影響で不動産会社に就職しました。特別やりたかったわけではないんですけど、ほかの業種に比べて給料がいいと聞いてたので軽いノリで。実際に初任給は手取りで24万円くらいはあったのかな。
そこからはいいときも悪いときもありましたけど、3年目には主任の役職をもらいました。というか、入社して1年も経たないうちに同期はほとんど辞めちゃってたんで、単純に残ってた僕に回ってきただけだと思いますが(笑)。

――軽いノリで入社したのに辞めなかった理由は給料面が大きかった?

それも少なからずありました。ただサッカーもそうですけど、これまでの僕はなんでも途中で投げ出すことが多かった。なので、このときは「仕事がどんなにキツくても最低3年はがんばろう」と決めてたんですよね。

“花形営業マン”を目指して転職するも管理職が合わず挫折。友人に勧められとりあえずナイトレジャー業界へ

none
――がんばると決めた3年で役職者。そこからは順調に?

ところが、結果的にこのときがピークでした。成績もやる気も(笑)。

――(笑)。それはなぜ?

新人のときのようながむしゃらさがなくなっちゃったんですよね。役職をもらって給料も若干上がったので、しんどい思いをしてまでがんばらなくてもいいやって(笑)。そこからは昇格も降格もしないまま、ダラダラと3年くらい仕事を続けてました。
そんなとき、当時の上司が不動産屋を立ち上げたのでそちらに転職することになりまして。このまま惰性でやってても微妙だなと感じていたので、環境を変えて心機一転がんばろうと。
なので、入社後は付きっきりで営業のイロハを叩き込んでもらいました。もともと営業がすごくできる方だったので、同じ仕事内容でも新鮮に感じることは多かったですね。
ただ、結局ここも5年くらいで辞めちゃうんですよ。

――何が原因で?

部下の管理ができなかったことです。
僕は係長からのスタートだったんですが、2年目、3年目と人が増えていくにつれ必然的に課長に昇格しましてね。そうなると部下も含めた全体での数字が求められるから、いくら僕1人の成績がよくてもダメなわけですよ。単純に努力不足なんですけど、そのときは「なんとかなるだろう」という軽い気持ちしか持ってなかったので思うようにいかなくて。
しかもその頃には不動産の営業自体に飽きてしまいましてね。給料面や人間関係に不満はなかったんですけど、どうにもモチベーションが保てなくて辞めたというわけです。

――そこから『オフィスDTG』に?

はい。別業種の中途採用じゃ給料も安いだろうし、かといって不動産の営業はもうやりたくない。そんなときにたまたまナイトレジャー業界で働いてた友人に勧められましてね。話を聞いてるうちになんとなく面白そうに思えてきたので、とりあえずやってみようかなと。で、求人サイトで『オフィスDTG』を見つけて応募したんです。

決して事務的ではない内勤スタッフの仕事。言うなれば店の売上を大きく左右する“裏方営業マン”

none
――不安はなかった?

面接に行く前は正直ありました。ただ面接してくれた方がすごく丁寧だったのと、オフィスが一般企業並みにキレイだったので不安はなくなりましたね(笑)。
ちなみに最初はドライバーで応募してたんですけど、結果的に内勤スタッフとして入社することになったんです。

――希望職種を変えた理由は?

「内勤スタッフはお客様からのオーダーを受けるだけではなくて、オペレーターとしてのトーク力も活きてくるからやりがいがあると思うよ」ということだったので、なんとなく営業の経験が活かせるのかなと思って。オーダーの件数に応じて歩合が付くというのも魅力的でした。
あと、面接のときに最初から僕を内勤スタッフに誘導しているのを感じたんですよ。当時はドライバーよりも内勤スタッフが欲しかったみたいで、ある意味面接官も営業してた。自然な感じで誘導されたので、エラそうな言い方ですけど「やるじゃん」みたいな(笑)。

――入社してからは?

お客様の電話対応がメインです。丁寧に教えてもらえたし、不動産屋時代に電話営業をやってたので仕事はすぐにこなせるようになりました。
ただ最初は常連のお客様にビビりまくってて(笑)。やっぱり常連の方には電話越しでも「あ、こいつ新人だな」ってバレちゃってるわけですよ。そういったこともあって、業界のことをちゃんと勉強するようになりましたね(笑)。ちなみに今入社して5カ月目ですけど、最近では担当のオペレーターとして僕を指名してくれるお客様も増えてきたので、そこはやっぱりうれしいですよ(笑)。

――今後の目標は?

会社的にはやっぱり東京でナンバーワンをとることですね。
個人的には、店が増えて、それとともに人が増えて、みんなでワーッと楽しみながら仕事ができればいいかなって(笑)。もちろん今後働いていく中で大きな目標もできるかもしれませんが、なんせ今はまだ入社してたった5カ月なもので。
まあ見た目の貫録だけは誰にも負けてませんけどね(笑)。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

「ヤル気」があれば即高収入! 店舗拡大・業務拡張に伴い、スタッフ大量募集!
オフィスDTG
職種 ナイトワーク/無店舗型
地域 東京都・渋谷

RELATEDINTERVIEW

関連インタビュー

POPULARINTERVIEW

人気のインタビュー

インタビュー一覧に戻る
  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【オフィスDTG】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。