PROFESSIONAL
INTERVIEW
HARLEM ACE(ハーレムエース)
店長・幹部候補
柿森さん 27歳

転職、破局、ギャンブル。恩人との再会が、堕落しかけた男の人生を救ってくれた

転職、破局、ギャンブル。恩人との再会が、堕落しかけた男の人生を救ってくれた

HARLEM ACE(ハーレムエース)

店長・幹部候補
柿森さん 27歳
年収
550万以上
勤続年数
0年6ヶ月

東京都出身。小学校2年生から「なんとなく」始めた野球では、俊足巧打のサードとして活躍。高校3年生の最後の大会までレギュラーは譲らなかった。
高校卒業後はさまざまな職を転々。本人いわく「クズのような人生」を送るも、ある恩人との再会をきっかけに脱出。現在は『HARLEM ACE』の店長として奮闘している。
パチスロが趣味だったが、自分を戒めるために自粛。ただ、最近は少し競馬が気になっているとのこと。

野球も仕事も始めたきっかけは“なんとなく”。それでも持ち前のバイタリティで相応の結果を残す

none
――いい体格をされていますが、何かスポーツを?

高校3年の夏までずっと野球をしていました……が、こんな体型になったのはつい最近なので関係ないですね(笑)。

――(笑)。いつ頃から野球を?

小学校2年のときからかな。「プロになりたい」とかは考えてなかったけど、勉強ができなかったし、ほかにやりたいこともなかったのでなんとなく続けてて。
それでも小学校、中学校、高校とサードのレギュラーは譲らず。最後の夏の甲子園予選も3回戦まで進み、あと1つ勝てば強豪校と当たる予定でした。その試合では2本ヒットを打ち、それなりに貢献したんですが、最後は味方の守備の暴投でサヨナラ負けという。
張り詰めていた緊張感もなくなり、敗退と同時にそっとバットを置きました(笑)。

――高校卒業後は?

近所の某スーパーに入社し、精肉部門に配属。ここも別に「スーパーに就職したい」とか「食肉を扱う仕事に就きたい」とかそんな考えがあったわけではなく、自分が入社できそうなところをピックアップして“あいうえお順”で一番最初にヒットした会社という理由だけ(笑)。
業務はいわゆる立ち仕事。スライサーでひたすら豚バラを仕上げていく感じです。ほぼ休みはなく、おまけにサービス残業の嵐。しかも手取りはたったの14万円。それでも、最初は仕方ないと思ってたんですが、1年経っても何も変化なし。さすがにキツくなってあっさり辞めましたね。

――その後は?

歌舞伎町でホストを。

――ホスト……ですか!?

あ、今笑ったでしょ(笑)。自分で言うのもなんですが、これでも当時はそこそこイケてたんですよ。最初に言いましたけど、太ったのはつい最近なので(笑)。写真見せましょうか?

――大変失礼いたしました(笑)。ホストの仕事はどうでした?

結果的に1年で退職しましたが、それでもある程度は稼いでて。月収も最高時で500万円あったかな。ただ、もともとホストも長く続けるつもりはなかったので、辞めるときに悔いはありませんでした。
とはいえ、あと2年くらいはやれるかなと思ってたのも事実。それでも1年で辞めたのは身体が悲鳴をあげてしまったから。あるとき、職場で吐血しちゃったもんで(笑)。

仕事を捨て、恋人を捨て、行きついた先はギャンブル生活。クズのような人生を救ってくれた“恩人との再会”

none
――吐血!?

ええ。ちなみに、酒で喉がやられてたことが吐血の原因。1日に3ケースもビールあけてればそうなりますよね(笑)。当然、医者からは問答無用のドクターストップがかかりました。
その後は薬で体調を維持しつつ、求人サイトで見つけた地元のピンサロで働くことに。寮付きだったのが決め手でしたね。
とういうのも、実は少し前からパチスロにハマっちゃって貯金はほとんどなし。寮さえあれば、最悪、雨風はしのげるぞと。もうね、ここからしばらくはクズのような人生を(笑)。

――(笑)。詳しくお聞かせください。

まず、ピンサロは数カ月で退職(笑)。あまりにも職場環境が劣悪すぎて。その後はついて行くかたちで、当時付き合ってた彼女の地元の仙台へ。で、お決まりのヒモ生活がスタート(笑)。
それでもさすがに飽きてきたので、しばらくしてデリヘルのスタッフを始めました。辞めるまでの5年間、少数精鋭のままでやってたから大変だったけど、その分ちゃんと給料もくれたし、仕事は全然苦じゃなかったかな。
そんなとき、旧友から「今俺が勤めてる東京の会社で一緒に働かないか」と誘われましてね。仙台での生活に不満はなかったんですが、少し刺激が足りないなと感じていたのも正直なところ。彼女とよく話した結果、必ず迎えにいくからということで東京に舞い戻ろうと決意したんです。

――誠実じゃないですか。

あ、彼女とはすぐ破局。いろいろな誘惑には勝てなかった(笑)。
ただ、この話にはオチがありまして。その会社、僕が勤めてわずか3カ月で急に倒産。もう、愕然としましたね。仕事を捨て、彼女を捨ててきた結果、僕も捨てられてしまったという(笑)。
その後しばらくはアルバイトをしながらパチスロ生活。もう、本当にどうしようもないクズでしたね。

――(笑)。そこからどうやって『HARLEM ACE』へ。

社長に誘われたんです。
実は、社長は、例のピンサロのスタッフ時代の先輩で。付き合いは少しの間でしたが、唯一、その店で僕によくしてくれた方だった。しょっちゅう起こってた理不尽な仕打ちも全力でかばってくれたし、ほぼ毎日ご飯をご馳走してくれた。そんな恩ある社長が「実は独立して店を出すんだ。よかったら手伝ってくれないか」と。
旧友のときと同じシチュエーションでしたが、今は捨てるものは何もない(笑)。もう、二つ返事でした。

男に奮起を促した裁量のある仕事。“やる気と志”を持つ仲間とともに、さらなる発展を目指す

none
――入社してからのことを。

僕が誘われたときはまだ内装をつくっている段階。オープン前の準備から関わらせてもらいました。
オープン後の業務に関しては、仙台でのデリヘルのスタッフの経験もあったので、特に問題はなかったかなと。キャストとのコミュニケーションも含めて。ただ、デリヘルが電話応対なのに対し、ピンサロは対面での応対。言葉遣いはもちろんですが、たとえいいことを言っていても表情でホントかウソかがバレてしまう。ここに関してはかなり神経を遣っていますね。

――そんな柿森さん、入社3カ月目にして店長職を拝命したとか。

はい、本当にすみません(笑)。おそらく、風俗店のスタッフの経験があったということだけが理由だと思います(笑)。
ただ、この半年間、自分なりに人生で一番がんばった自負はあります。店長を拝命したときも「フォローは必ずするから、柿森くんの思う通りにやっていい。任せるよ」と期待までされて。それなのに、今までみたいにチンタラ生きてたら、いよいよ本当のクズになっちゃうじゃないですか(笑)。

――今後の目標は?

おかげさまで『HARLEM ACE』はお客様から好評をいただき、今後は店のさらなる成長はもちろん、新規出店も視野に入れています。ですから、店長としてしっかりと売上を右肩上がりにしつつ、新しい店の立ち上げにも関わっていきたいなと考えています。
そのためには一緒にがんばってくれる仲間が必要。少しでも興味がある方は、ぜひご応募ください。

――どんな人材を求める?

ありきたりですが、やる気がある方。でも、これに尽きます。クズ人生に片脚を突っ込んでいた僕でも、「やる気だけは誰にも負けない」という思いだけでここまで来ることができました(笑)。社長の面倒見のよさは、イチ先輩だった頃から何も変わらない。やる気を持ってがんばってくれる方は、きっと何かしらで評価してくれますから。
プラスアルファで言うなら、野望を持っている人もいいですね。先ほど言ったように新規出店も考えているので、「店長になりたい」「偉くなって稼ぎたい」と考えているなら高いモチベーションで働けるのかなと。

――ちなみにプライベートの目標は?

ズバリ、痩せること。そのためにパチスロも辞め、積極的に階段を使うようにもして、ジムにだって……行こうかなって考えてたり(笑)。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

未経験でも大歓迎!月給30万円スタート!毎月昇給有りの激熱店♪
HARLEM ACE(ハーレムエース)
職種 風俗ワーク/ピンクサロン
地域 東京都・赤羽
インタビュー一覧に戻る

PICK UP!INTERVIEW

オススメのインタビュー

  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【HARLEM ACE(ハーレムエース)】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。