PROFESSIONAL
INTERVIEW
今ドキグループ
店長・幹部候補
二川祐大さん 27歳

仕事への熱意1つで、人生は変えられる。前向きな姿勢が評価につながる、チャンスに恵まれた環境

仕事への熱意1つで、人生は変えられる。前向きな姿勢が評価につながる、チャンスに恵まれた環境

今ドキグループ

店長・幹部候補
二川祐大さん 27歳
年収
600万以上
勤続年数
0年6ヶ月

広島県東広島市出身の26歳。高校まで野球に打ち込み、卒業後は県内の大学へ入学。しかし在学中に多額の借金を背負い、返済のために中退してパチンコ屋へ就職。その後、さらなる高収入ワークを求めて『今ドキグループ』へ入社する。
持ち前の積極性を評価され、入社3カ月目にして早くも店長職を任されるなど、上司からの信頼は厚い。

野球にひたすら打ち込み続けた学生時代。興味本位で始めたギャンブルで“多額の借金”を背負う

none
――学生時代は野球に明け暮れていたとお聞きしました。

もともと父が野球好きで。「男たるものスポーツができてなんぼ」みたいな考えがあったのか、僕が3歳の頃にはもう練習をさせていたらしく、右も左もわからないまま野球漬けの日々が始まっていました。

――辞めるという選択肢は?

当時の僕にとってその選択肢はなかったんです。なかったというか、ほかにやりたいことも人より秀でた特技もなかったので、このまま続けるのが一番だと思ったんですよね。
それでもちょっとずつ上手くなれたし、レギュラーにもなれたしで、中学生までは多少の自信を持ってプレーしていたんですが、高校に入学してすぐ周りのレベルの高さに圧倒されちゃって……。「ベンチ入りも難しい」と自信をなくし、最終的にはマネージャーとしてチームを支えていました。

――その後は?

地元の広島県内にある大学へ。野球を辞めて心機一転、「大学生活を楽しむぞ!」と(笑)。ただ、今まで野球しかやってこなかったので“遊び方”がわからず……。で、結果的にパチンコにハマるという。
最初は「暇つぶしがてら手持ちの金が増えるならラッキー」くらいの気持ちで始めたんですよ。それが、気付けばほぼ毎日、開店から閉店までずっと入り浸るようになっちゃいまして。
稼いだバイト代を全額つぎ込むのは当たり前。ひどいときは一日で10万円くらいパーにしていたかな。そんな使い方をしていたものだから、大学3年生のときには借金が200万円まで膨れ上がり……。

――相当な金額。

さすがにヤバいとは思いましたね。だからもういっそのこと中退して働こうと思ったんですよ。
もちろん父には大反対されましたけど「俺のやりたいようにやらせてくれ」と制止を振り払って、とりあえず就職することにしたんです。

完済に向けて就職するも、先の見えない日々が続く。“高収入と人生のリセット”を求めて、福岡県へ移り住む

none
――就職先は?

地元のパチンコ屋です。就職してからは自分なりにコツコツとがんばっていたつもりでしたが、借金を減らすってなかなか簡単じゃないし、時間もかかるんですよね。月の手取りが20万円もいかない中から、家賃とか食費とか絶対に必要な金を払って、残りで返済のやりくりをしないといけなくて。「まあ無理はしない範囲で返していけばいいや」とマイペースに構えてはいたものの、やっぱり効率が悪すぎるし、これから先も返済を考えて働き続けるなんて嫌だなと。

――不安になりますよね。

とまあ、そんなわけでまた仕事を探し始めたときに、たまたまナイトワークの求人を見つけたんです。
で、ひと通り求人を見た印象が「給料いいな。こっちの方が早く返済できそうじゃん」と。それにこの転職のついでにいっそ県外へ出て身の回りの環境もリセットしようと思って。
その理由だけで準備を始め、就職先も決まってないのに福岡県へ引っ越したんです。

――なぜ福岡県に?

一番の理由は移動のしやすさでした。極力金をかけないために、車で行ける距離の場所にしたくて。
あとは今まで風俗業界にはなんの縁もなかったので、大きな歓楽街といったら俺の中では福岡県の中洲と北海道のすすきのしかイメージがなかったんです。
ただ移住する時期がちょうど冬だったので、北海道は寒すぎるかなと消去法で……(笑)。

――(笑)。最初から『今ドキグループ』に応募を?

はい。『今ドキグループ』は求人ページの上位に掲載されていて、すごく目立っていたんですよね。給料は月給30万円スタートとかなり高いし、社会保険完備とか福利厚生も充実していたので、それですぐに面接を受けてみようと。
そのあとはかなりトントン拍子で話が進みましたよ。対応してくださった部長が「これからもっとグループを拡大させるために、人手を増やしていきたいから宜しく頼むね」と話してくれて、即決で採用という感じでした。

積極性を活かし、入社3カ月で店長に。理想の店づくり、さらなる店舗拡大のため“やる気ある人材”を求める

none
――入社後のお話を。

前職の経験があったし周りの先輩方のフォローもあったので、接客や電話対応に苦労はなかったかな。
それに働き始めて3カ月後には店長にもなれました。

――スピード昇格じゃないですか!

やっぱり待遇がよかった分、「ここでがんばらなきゃ」ってスイッチを入れることができたんですよ。受付とか掃除とか、なんの仕事をやるにしてもまずは自分からという積極性は大事にしていましたし。上司もその姿勢を評価してくれたんですかね。
でもまだ店長になって3カ月目なので、引き続き気合を入れて理想の店づくりのために努力していきたいと思っています。

――二川さんの思い描く理想の店とは?

ひと言でいうと明るい店。女の子はもちろん、スタッフたちにもいつも楽しく働いてもらいたい。そうじゃないと、いい接客なんてできませんしね。
だから俺自身、スタッフ間の日頃の会話を盛り上げたり、仕事で不安なことがあればすぐに相談に乗れたりする立場でがんばっています。
それに今は時期的に難しいとは思いますが、退勤後にはみんなでご飯に行くこともあるくらい仲はいいので、これから入社する方もすぐなじめるはずですよ。

――グループに欲しい人材は?

とにかくやる気がある人。これに尽きます。
俺は風俗の仕事を始めるにあたって、業界の経験や知識はそこまで必要ないと思うんです。自分から率先して行動できれば、ノウハウなんてあとから勝手に付いてくるので。それに積極性やチャレンジ精神がある同僚の存在は周りとって刺激になるし、会社にも勢いをもたらしてくれそうだなとも考えています。

――相乗効果が見込めると。

はい。それに仕事への取り組みが評価につながれば、給料も上がるんじゃないかな。実際に俺も店長になってから一気に月20万円昇給を。おかげさまであっという間に完済できました。
うちは昇給や昇格の機会に恵まれていると思うので、ドン底の環境から這い上がりたい人にもオススメです。多少の借金くらいなら『今ドキグループ』でがんばればどうとでもなりますよ(笑)。

――完済の記念に何かご褒美は?

今は店のことが最優先なので、それどころじゃないんですよ。
ただ、貯金は始めました。今はギャンブルも全然やってないので、このまま順調に貯まってくれることを願います(笑)。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

【月収30万】女性スタッフも緊急大募集!店舗が増えるほどチャンスがその分ある!
今ドキグループ
職種 風俗ワーク/ソープランド
地域 福岡県・中洲
インタビュー一覧に戻る

PICK UP!INTERVIEW

オススメのインタビュー

  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【今ドキグループ】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。