PROFESSIONAL
INTERVIEW
ラブラブコレクション
店舗スタッフ
栗原 涼さん 29歳

楽な仕事を追い求めた先で見つけたやりがいと目標。無気力の仮面をかぶった男は今、上昇気流へ

楽な仕事を追い求めた先で見つけたやりがいと目標。無気力の仮面をかぶった男は今、上昇気流へ

ラブラブコレクション

店舗スタッフ
栗原 涼さん 29歳
年収
360万以上
勤続年数
0年8ヶ月

神奈川県秦野市出身。大学中退後、携帯ショップ店員、ガス設備の点検員、放浪期間を経て『恋愛グループ』へ。現在は同グループの『ラブラブコレクション』にて店舗スタッフとして活躍している。女性キャストからは「ゆるキャラのわりに仕事はきっちりやる」と認知される、個性的ながらも実直な人柄が魅力の好青年。
淡々とした口調から繰り出すブラックジョークは切れ味抜群。

大学は出席しながら授業放棄、そして中退。働きたくないがゆえに“楽そうな仕事”を追い求める

none
――最終学歴は?

大学中退ですね、工学系の大学の。1年生の夏休みを思いっきり満喫して、そのまま退学。
うちの親は「すぐにでも働け」って人だったんで、自分で学費を払いながら通ってたんですよ。高校出てからすぐには働きたくなかったし、思い出づくりがしたかったというか(笑)。
AO入試ってありますよね、面接だけで合否が決まるやつ。そもそもあれで受験したもんだから、学力が追いついてなくて。ちゃんと授業に出てテストも受けていたのに、なぜか成績表の評価の欄には、授業放棄を示す「X」が何個もついてたりとか。心理学みたいな科目だけじゃなくて、普通の数学なんかも全然わからなかったですね(笑)。

――その後は?

実家の近くの携帯ショップに就職しました。店の前を通るたびに、いつも暇そうだなって思ってて。
「働きたくない」の延長線で応募したものの、実際に働いてみたらかなり忙しい仕事でしたね。たまたま暇な時間帯を目撃していただけだったみたいなんですよ(笑)。
でも、それなりに真面目に働いて、4年目には店長に昇格しました。ほかの人より社歴が長くなっていたのと、機種やプランに関する知識があったのと……別にそこまでの実績出したわけじゃないんですけど、「やってみな」って言われて(笑)。

――勉強ができなくても、携帯関連の知識は身に付けられた?

もともと機械いじり自体が好きだったからでしょうね。要するに、大学進学なんて働かないための口実で、勉強そのものには興味なかったっていう(笑)。
出席しながら授業放棄していた感じだったんですかね(笑)。

――とはいえ、仕事自体は順風満帆のように思えますが。

家族経営のちっちゃい会社だったんで、とにかく給料が低くて。店長なのに手取り18万円とか。「あんなに働いて、これか」ってなっちゃいますよね。
そして25歳のときに、ガス設備の管理を行う会社へ転職しました。

――入社の決め手は?

今までより給料が高かったのと、楽そうだったんで(笑)。主な業務内容は、器具の取り付けとか修理、あと3年に一度の法定点検、ガス漏れの点検。それで月収は28万円。
担当分を定期的に巡回すればいいから、自分でスケジュールを組めるんですよ。つまり暇な日も意図的に作れる。出勤してから夕方まで車の中でずっと寝て、そのあと3時間だけ仕事して帰って、みたいなのが日常でした。

楽すぎる仕事には不安を感じた。“適度な暇と福利厚生”をキーワードに、夜の世界へたどり着く

none
――すごく割のいい仕事のように思えます。

でも、あまりにも楽すぎて……。「これ以上は俺、ダメ人間になる」って思ったんですよ。
それに先輩とか役職者と、仕事の内容どころか給料もあんまり変わらなかったんで。結局、ガス会社の直営じゃないから、出世したとしてもせいぜい所長まで。しかもその60歳近い所長の給料が自分と変わらないってなると、なんかちょっと不安だなと。結局3年で辞めてしまいました。

――もったいない……。

そのあとは半年くらい何もせずフラフラしてましたね。やりたいことっていうのがどうにもハッキリしてなくて。
で、あるとき「ああ、これ楽そうだぞ」って、ナイトレジャー業界の仕事に興味を持ったんです。地元にある夜の店は、客引きのおじいちゃんが外のストーブの前で、ぼーっとスマホいじってるような感じだったんで。今まであんまり遊びに行ったことがなかったから、どこも暇なんだろうと思ったんですよ。

――「暇だとダメ人間になる」という趣旨の発言をしていたような気が。

それはそうなんですけどね(笑)。適度な暇がいいというか……。
とはいえ、この業界自体に対しては高給のイメージもあったし、結構いい仕事なんじゃないかなって。
で、とりあえず求人を探そうといろいろ見ていたら、業界的に福利厚生が整ってる会社のほうが少ないっていうのを初めて知って。「ないよりはあったほうがいいんだろうな」って探した結果、『恋愛グループ』にたどり着きました。
ほかにもいくつか候補はあったんですけど、たった5分の面接で採用の連絡もらったり、初対面でほぼ会話がない中からお説教をされたりっていうのが続きまして(笑)。
でも恋愛グループの面接はみっちり2時間。延々質問され続けるってよりは、会社のシステムや給料についても事細かに話してくれるみたいな。ここなら安心だろうなと思って、入社させてもらいました。

――入社したばかりの頃の印象は?

思ったより忙しかったですね。お客様はたくさん来るし、客足が途切れてもポータルサイトの更新作業とかがあるし、とにかくやることが多かった。
あとは「あれ、なんかしっかりしてる」って思いました(笑)。女の子に「さん」付けとか、お客様への対応は敬語とか、言葉遣いがしっかりしていて。ほかにも細かいところが想像と全然違って、びっくりしたのを覚えてます。

目指すは“憧れの人の右腕”的存在。理不尽とは無縁の職場で遂に解き放つ、内に秘め続けた上昇への野心

none
――予想に反する忙しさ。なぜ仕事を続けられた?

三十路手前でまたフラフラするのはヤバいし、多少我慢してでもがんばろうと思って(笑)。でも最初の1カ月間で気付いたんです。この会社に入って、1回も理不尽な怒られ方をしたことがないってことに。
どんな仕事だって、よくあるじゃないですか。今までの職場は根性論ばっかりの上司もいたし、酒を飲みながら怒鳴る所長だっていた。対して『恋愛グループ』は、いつも理由を説明してくれるから、わかりやすいし納得もできる。すごくいい会社だなって感じました。
それと何より、ここで出会った上司の存在が大きいかもしれないですね。

――上司?

うちの店舗責任者の“ナカノ”さんです。頭の回転が早くて、尊敬できる人で、新人の頃からいろんな仕事を教わりました。「期待しているよ」とか、「役職者になってほしいと思ってる」って言葉は支えになってますね。
というよりもナカノさんになりたいんですよ、僕。仕事内容の大半はあの人のやり方を受け継いでいるというか、マネしてるんで。

――今は高いモチベーションで働いている?

もともと上昇志向は持ってたんだと思います。楽をしたがるくせに給料は上げたいってことなのかも(笑)。携帯ショップは家族経営の会社で店長以上へは昇格できない、ガス会社も直営じゃないから所長以上は無理っていうのが辞めた理由の1つでしたし。
この会社なら、がんばり次第では今よりもっと上、社長だって目指せるらしいので、今はそのためにいろいろ仕事を覚えている最中です。
最近は面接とかの難しい業務も任されるようになって、僕と新人だけで業務を回す機会も増えてきました。やりがいを感じますし、育ててくれたナカノさんには感謝しかないです。

――今やナカノさんの右腕とも言える?

でもまだ「おまえは右腕なんかじゃねえ」って言われるんですよね。僕は一時期、系列の『ハッピーマットパラダイス』で働いてたことがあって、そのときも彼とセットで異動をしているんです。僕を選んで連れていってくれてるはずなんだけど……(笑)。
だから当面の目標は、ナカノさんに右腕として認めてもらうこと、かな。

――いい職場見つけましたね。

これだけのことを言ったあとにどうかと思いつつ、実は仕事を辞めてない理由がもう1つあって……。
退職したら寮から引っ越さなきゃいけないじゃないですか。それが面倒くさいからっていうのもあるんですよね(笑)。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

ハローワーク掲載中!安心出来る企業へ転職!【40万円スタート可!一般企業と変わらない待遇&社保完備】
ラブラブコレクション
職種 ナイトワーク/店舗型
地域 神奈川県・横浜

RELATEDINTERVIEW

関連インタビュー

POPULARINTERVIEW

人気のインタビュー

インタビュー一覧に戻る
  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【ラブラブコレクション】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。