PROFESSIONAL
INTERVIEW
町田人妻城
店舗スタッフ
南さん 36歳

地位より金より新天地。今を生き抜く男がたどり着いた、夜の大舞台で描く未来図

地位より金より新天地。今を生き抜く男がたどり着いた、夜の大舞台で描く未来図

町田人妻城

店舗スタッフ
南さん 36歳
年収
500万以上
勤続年数
1年0ヶ月

神奈川県出身。スポーツに熱中した少年期を経て、高校卒業と同時に社会人デビュー。安定した収入を手にするも、「宵越しの銭は持たない」スタンスが響き、『町田人妻城』に転職した当初はほぼ一文無し。現在は散財癖を改めて、引っ越し資金を貯めるまでに成長している。
クールな外見と緩い内面のギャップが持ち味。真面目な顔で「男なんてみんなエロいじゃないですか」と言ってのける、笑いのセンスも武器。

結果を出してもリターンなし。理不尽な毎日を飛び出したきっかけは、“未知の世界”から差し伸べられた手

none
――『町田人妻城』に入社時はほぼ一文無しだったとか。

入社当時は弁当もおにぎりだけという体たらくで、見かねた店長からお昼をごちそうしてもらうなんてこともザラでした(笑)。
初任給が出るまでの生活はカツカツだったんですよ。どんなに仕事で稼いでも、お金はあるだけ使っちゃう性分だったので貯金もなくて。

――(笑)。これまではどのような仕事を?

最初の仕事は、高校卒業と同時に就いた営業職。ビシッとスーツを着込んで、いい成績を収めて、20代をすべて捧げてあくせく働いて。でも次第に限界を感じるようになっちゃったんですよ。

――何があった?

僕は決して出世欲が強いほうではありませんが、それにしたって正当な評価くらいは欲しいじゃないですか。もっと芽が出ていてもおかしくない成績は収めていたはずなのに、30代に入った頃の肩書は平社員に毛が生えた程度のチームリーダー。必死に結果を出しても相応のリターンを受けられないとわかって、「これは頭打ちかなあ」って気持ちが芽生えてしまい……。
あとは来る日も来る日も代わり映えのない商品を売り歩くという、同じことを繰り返すだけの生活がつらかったのも正直なところです。
で、思いきって夜の仕事に移りました。

――どうしてまったくの異業種に?

地元の先輩がたまたまキャバクラで働いていて、「一緒にやんない?」と声をかけられたのがきっかけです。
個人的にはまったくなじみのない未知の世界でしたが、先輩の話を聞いているうち、純粋に興味が湧いて。がんばった分だけ稼げて、毎日いろんな刺激にあふれている仕事という印象を持ったんです。

正当な評価に抱く大きな達成感。だからこそ、“新天地への憧れ”が男を再び羽ばたかせた

none
――初めての夜の世界。どうだった?

10年以上セールスマンをやってきて対人能力が養われたのか、ボーイの仕事もなかなか順調なスタートだったと思います。新規のお客様が来店した際はしっかり好みを聞き出して、できるだけ理想に近い女の子を案内。おかげでお客様にはよろこんでもらえるし、女の子の指名にもつながるので、かなり好評でしたね。
そういった実績を残せばダイレクトに評価してもらえる職場だったので、営業時代のジレンマも解消されましたよ。女の子のケアもうまくなって、だんだん任せもらえることも増えたし、すぐに昇給しました。

――手応え十分。

……と思うでしょ? ところが1年で辞めるんですよ、特にトラブルがあったわけでもないのに。

――どうして?

ある程度の結果を残せたことで満足しちゃったのかな。先輩のツテも何もない別業種で腕試ししてみたくなっちゃったんです。周りも「なかなかその発想にはならねえよ」って、面白がりつつ背中を押してくれて(笑)。最終的には円満退職でした。

――『町田人妻城』に応募した理由は?

まずは首都圏を中心に展開している老舗グループという実績に惹かれました。せっかく見聞を広めるために転職するんだから、個人のお手製マニュアルで回っているような店ではなく、教育システムが確立された大きな会社に勤めようと思いまして。
いざ応募の連絡をしてみたら、やっぱり電話対応1つ取っても「大手は違うな」と感じましたよ。面接の日程調整で何度か掛け直したんですが、どのスタッフが出ても行き届いた案内をしてくれて、統一性といった面でまったく隙がない。これはかなりの好印象でした。
もちろん待遇面にも期待していましたけどね。最初に言った通り貯金が何もないもんで、「交通費全額支給」は譲れなかった(笑)。

待遇も洗礼も大手ならでは。頼りがいのある仲間たちとともに、夜の城で見つけた“自分らしい働き方”

none
――面接を受けての感想を。

信頼に足る企業だなという印象がより強くなりました。軽く仕事の説明をして、すぐに「じゃあいつから来られる?」ではなく、会社概要と採用の要項がビッシリ記載された書類を提示してもらえたんです。それに社会保険とか福利厚生などの待遇面も充実してたし。
まあ、研修時に覚える業務量も「さすがは大手だな」と面食らいましたけど(笑)、おかげさまでちゃんとクリアできました。

――乗り越えられた要因は?

もともと未知の仕事への意欲はありましたが、それ以上に、整った教育環境のたまものですね。上司や先輩がしっかり教えてくれるうえに、「尻ぬぐいは任せておけ」という頼りがいのある方ばかり。定時になれば帰るように促してもらえて、「えっ、もう帰っちゃっていいの?」と戸惑うこともあったくらい(笑)。
大勢の従業員1人ひとりをきちんと大事にする店だから、誰にとってもなじみやすく、自分らしく働ける“城”のような存在とも感じています。

――城?

『町田人妻城』って“城”を冠した店名、言い得て妙じゃないですか?
規模がデカくて大勢の働き手がいる分、もちろん個性も多種多様だけど、それぞれの役割はきちんと明確。同じ店舗スタッフという立場にしても、売上のために策を講じる知将もいれば、サービスを売り込む商人もいて、実績が認められたら、城主たる店長を直接サポートする管理職に上がれる。自分がこの舞台でどう機能できるのかを模索するために、まずは城の見取り図じゃないですけど、組織の全体像を把握しなくてはとモチベーションが上がったのも、めげずに仕事を覚えられた理由の1つです。

――今後の展望は?

城の領土を拡大……もとい、店の発展に貢献できれば何よりですね。そのためにはやっぱり、ひたすら誠実に働き続けるのみだと思います。あとは引き続き、城の見取り図をさらに読み深めていこうかと。

――ちなみに城主たる店長さんは、一言で表すならどんな方?

仕事ができて頼りになりますし、本当に面倒見がよくて優しい方です。

――お昼もおごってくれますしね。

確かにわかりやすいエピソードですけど、あんまり強調しないでくださいよ! 未来の後輩から「今度は南さんが俺らにおごる番ッス」なんて注文が殺到するとヤバいんで(笑)。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

弊社、創業13年目を迎えます!町田/神奈川県央エリアを若い力でリードする!週休二日社保完備です!
町田人妻城
職種 ナイトワーク/無店舗型
地域 東京都・町田
インタビュー一覧に戻る

PICK UP!INTERVIEW

オススメのインタビュー

  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【町田人妻城】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。