PROFESSIONAL
INTERVIEW
スターグループ
店長・幹部候補
中村さん 28歳

意欲に満ちる若者は、夜の世界で羽ばたく。大手グループきっての注目株が語る、成長への熱き思い

意欲に満ちる若者は、夜の世界で羽ばたく。大手グループきっての注目株が語る、成長への熱き思い

スターグループ

店長・幹部候補
中村さん 28歳
年収
700万以上
勤続年数
2年6ヶ月

全国に拡大中の『スターグループ』にて、『すごいエステ』名古屋店の大黒柱を務める28歳。柔和なルックスからは想像しがたい貪欲な向上心を発揮して、みるみるうちに頭角を現す。
店長に就任してからは、店の売り上げを右肩上がりにアップさせるなど大活躍。その真面目な仕事ぶりゆえに上層部からの信頼も厚い。
ちなみに金は使いたいよりも稼ぎたい派で、唯一のぜいたくは「たまにいい焼肉を食べるくらい」とのこと。

キャリアではなく実力で稼ぎたい。“青天井の収入”を求めて、足を踏み入れた夜の世界

none
――中村さんの社会人デビューは?

衣料品卸の営業職でした。専門学校の在学中にいろんな会社の説明会に通ったんですけど、僕が入社したところは「採算独立性」という形態を採用していました。個人に与えられた裁量が大きいのが魅力的でした。予算に加えて発注先や営業をかける販売店まで、なにもかも自分で決められるんです。そうして出した利益によって、営業マンにインセンティブ報酬が入る。わかりやすく実力が給料に反映されるのが好きでした。お金のやりくりを自分で行うので、今の仕事にも活きていると思います。かなりたくさんのことを学べたし、人間関係もよかったので5年くらいは勤めました。

――なぜ転職を?

あるとき給料に天井が見えちゃったんです。例えば僕よりも圧倒的に社歴が長い役員クラスの年収が1000万円くらい。個人の裁量が大きいとはいえ、さすがに若いうちからそのポジションを目指すのは現実的じゃないし「この会社にいてもその額までは稼げない」とわかると、気持ちが冷めちゃったんです。それでキャリアに関係なく稼げる仕事を探そうと思いました。

――それで風俗業界へ?

最初からこの業界を考えていたわけじゃないんです。転職サイトで仕事を探していたんですけど、自分にできる業務内容でなおかつ年齢関係なく稼げる仕事というと自然と絞られていって。やがて『スターグループ』の求人ページにたどり着いたわけです。
最初は風俗業界で働くことに対して抵抗もあったんですけど、求人ページに掲載されていた動画のおかげでそれもなくなりました。いろんな社員さんが顔と名前を出して、それぞれが仕事への熱い思いを語っていて、見た瞬間に心に火がつきました。もう業界への抵抗感よりもワクワクする気持ちのほうが大きかったです。面接を受けて、採用通知をもらった瞬間に入社を決めました。

――未知の業界への挑戦。最初の印象はどうだった?

当時勤めていた系列店の店長が面倒を見てくれたんですけど、とにかく頭がいい人だと思いました。ほかのスタッフよりも2歩3歩先まで状況が見えているし、適切な対応をする判断力もあった。
女性に対する気遣いもできる人でした。例えば女性が派遣先から帰ってきたのを確認すると「雨が降ってるから傘を持って迎えにいってあげて」とか。僕なんか外で雨が降ってることにすら気付いてなかったですから。そういう店長の姿を見て「これは盗みたい」と感じる毎日でした。

任されたからには、結果を出してみせる。若い風がグループに“破竹の勢い”をもたらした

none
――店長の背中を追いかけて学んだと。

はい。でも人の入れ替わりが激しい業界ですから、店長もじきにグループから去ることに。しばらくは店長不在で副店長3人とスタッフだけで回している状態が続きました。その頃からある程度自分の裁量も大きくなって、仕事に対して「ああしたいこうしたい」という気持ちが強くなってきました。
そして2019年の10月頃に『すごいエステ』の全面的なリニューアルが決定。スタッフも入れ替わることになって、系列店のスタッフから『すごいエステ』の店長へ抜てきされました。自分のやる気が上の人にも伝わっていたようで、うれしかったです。


――店長に就任して最初に行ったことは?

とにかくキャストとの信頼関係を築くことを最優先に。これまでは入店へこぎつけても、彼女たちのモチベーションを維持できず、すぐに退店されてしまうケースも多かった。
いざ自分が店長の立場になり、スタッフとして働いていた系列店のことを客観的に見ると、そこが大きな改善点だと感じたんです。スタッフとの信頼関係が築かれることによって、女性のモチベーションが向上し、お客様へのサービスもよくなる。そして顧客満足度が上がった結果、店の売上もアップするという。一見遠回りなようですが、結果的には最短で成果につながる取り組みでした。
だからこそ今でも、業務時間の大半を女性とのコミュニケーションに費やしています。


――『すごいエステ』は現在も店舗を拡大中とのことですが、中村さんの功績も大きいのでは。

『すごいエステ』は名古屋発のお店なんですが、自分が店長に就いてから半年あまりで全国8店舗に拡大しているような状態ですね。少しは貢献できたと思いたいけど、実際はグループの勢いに乗っかっただけです。グループがこのブランドに力を入れるタイミングで、店長になったのがよかった(笑)。
これからはお店をもっと大きくするのはもちろんのこと、そのためにもさらに知識を身に付けていきたいですね。『スターグループ』に勤めていると、学べることがいっぱいあるんです。SEO戦略に長けた人だったり、かっこいいWebサイトを作れるクリエイティブな人だったり。もちろん女性とのコミュニケーションがずば抜けている人もいます。各分野のプロフェッショナルが揃っているので、そういった人たちから少しでも多くのことを学びたい。勉強すべきことはまだいくらでもあるという感覚です。

“学ぶ姿勢”こそが最強の武器。熱意あふれる若者は、頂を目指して成長を続ける

none
――勉強することへの貪欲さがすごい……。

以前の職場で、安定ばかりを求めていた上層部の人を反面教師にしているんです(笑)。立場を得るとどうしても、安定を求めだす人が多いと感じました。ただ、そうなると成長は止まってしまいます。結局、現状を維持するのも難しくなって衰退する一方だと思います。
でも『スターグループ』では上に立つ人ほど勉強熱心なんです。例えば社長は名古屋に住んでいないにもかかわらず、僕よりも名古屋のお店事情に詳しい。しかもこの業界のことに限らず、流行や文化などについて幅広い知識を持っている。そういう知識って学ぼうという姿勢がないと身に付かないものですよね。上の人たちを見ていると僕も「負けてられないな」って。

――今後の課題などは?

今苦戦しているのは、スタッフ育成の分野になります。まだ20代なので、部下となる人たちには年上が多い。当然、自分のような若造から指示されることに抵抗がある人や、昔のやり方を守っていきたいという人もいる。いかに相手の気持ちを尊重しながら、店長としてまとめていくかに難しさを感じています。みんなが仕事に対して前向きに取り組めるような空気感を作るために、試行錯誤しているところです。

――未来の後輩に、高収入を稼ぐためのアドバイスをするとしたら?

変化に対応していくことが大切だと思っています。僕はもともと変化を好むタイプだったんですけど、それを恐れる人もいるじゃないですか。根本的な好みまで変える必要はないけど、時代が進んでいく以上、業種を問わず避けては通れないと思います。
だからこそ自分の仕事について、成果のよし悪しに関わらず、他人じゃなくて自分に対して意識を向けることが大事。失敗すると誰かのせいにしたくなる人は多いですが、それって結局デメリットしかない。周りからの評価も落とすことになってしまいます。常にもっとできることはなかったかと振り返ることで、経験を積むたびに引き出しが増えるんじゃないでしょうか。何かトラブルが起きたときに、1つでも多く対応策を持っているとどれかがハマって対処できると思います。

――常に自分自身を振り返ることが重要と。

そして最終的にどれだけ前に進めるかです。進歩の必要性はいくつになっても変わらないし、僕自身も働き続ける限りは成長を止めるつもりはありません。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

【業界初の待遇システム!!】イメージする前に、まず一度ご覧下さい。
スターグループ
職種 ナイトワーク/無店舗型
地域 愛知県・名古屋・栄
インタビュー一覧に戻る

PICK UP!INTERVIEW

オススメのインタビュー

  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【スターグループ】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。