PROFESSIONAL
INTERVIEW
中洲秘密倶楽部
店舗スタッフ
鎌田 昌積さん 26歳

恵まれた職場だからこそ、仕事も遊びも全力で。新たな舞台に立った今、ともに歩む仲間を求める

恵まれた職場だからこそ、仕事も遊びも全力で。新たな舞台に立った今、ともに歩む仲間を求める

中洲秘密倶楽部

店舗スタッフ
鎌田 昌積さん 26歳
年収
500万以上
勤続年数
0年3ヶ月

北海道石狩市出身。飲食店経営の夢を叶えるため、大学卒業後は都内にある居酒屋に勤める。しかし過酷な職場環境に嫌気が差して退職。その後はキャバクラのボーイを経験したのち、福岡県へと移り住み、26歳で『中洲秘密倶楽部』へ。入社3カ月目にして新人教育を任されるなど、上司からの信頼は厚い。
自他共に認める酒豪で、最近はビール腹にならないかを心配し始めているとのこと。

夢を追って上京するも、過酷な職場環境に疲れて退職。“宿無し生活一歩手前”で飛び込んだ夜の世界

none
――ご出身は?

北海道の石狩市です。海産物が豊富な漁師町で育ち、大学卒業後は飲食業界に入りました。叶えたい夢があったので。

――どんな夢ですか?

自分の居酒屋を持つことです。というのも中学時代によくつるんでいた仲間がいまして。「高校でもみんなでバカやってんだろうな」と当たり前のように思っていたんですけど、なんやかんやで進路はバラバラ。会う機会がめっきり減っちゃった。それがつまらなくて「あいつらと好きなときに集まって、飲み食いできる場所を作りたいな」と。美味い魚と酒で乾杯、みたいな。
そんなわけで大学では経営学を専攻し、経験を積むために地元の居酒屋に就職したんです。

――就職後の話を。

入社後は東京の店舗に配属されました。社員寮があったので家を探す必要がなかったのは楽でしたけど、職場はブラックでヤバかったですね。

――残業時間が長かったとか?

そりゃあもう……。夜中に帰宅なんてしょっちゅうだったし、給料だって激安(笑)。でもね、それがマシだと思えるくらい店長がひどかったんですよ。売上に固執するあまりに社員は完全に駒扱い。1つミスをしたら「客が減るだろうが」とか「お前のせいで面倒事が増えた」と罵声を浴びせるのが当たり前だったから、みんなストレスが溜まるし、すごくギスギスしていて。
そんな職場って楽しくないじゃないですか。だから場を和ませようとちょっとした冗談を言ってみたり、店長に怒られた人を飲みに誘ったり、俺なりになんとか店の空気をよくしようとあがいてみたんです。
でもだんだんと限界が来て。あるとき仕事のことで口論になって、つい店長に「こんなつまんねえ店、こっちから願い下げだ」って店を飛び出しちゃったんですよ。

――思い切った行動に。

まあ啖呵を切って辞めたまではよかったんですけど、すぐに住む家がなくなったことに気付いた(笑)。
だからネットカフェで寮完備の仕事を探しまして。たまたま居酒屋の近くにあったキャバクラでボーイの募集をしていたので、すぐに面接に行って採用してもらいました。
北海道へ戻ることも考えましたけど手持ちの金はギリギリだったし、「実家よりも目先の寮」だったんです(笑)。そんなわけで夜の世界へ。24歳のときでしたね。

職を変えても、職場の空気は変わらない。休息のために移り住んだ福岡で見つけた“リスタートの場所”

none
――その後は?

勢いで始めた仕事だったわりに、苦労せずひと通りの仕事を覚えることができたし、数週間後には昇給も。だけどよかったのはそれだけ(笑)。そのキャバクラも店長が売上至上主義のワンマンで、社員の都合なんてお構いなし。店長への不満をこぼす人は多かったし、店の雰囲気も悪くて……。「これって前と同じじゃん」と思いましたね。
俺はみんなの愚痴の聞き役に徹していたんですけど、同じことの繰り返しでもう何もかもが嫌に。だから思い切って全部をリセットしようと。

――リセット?

“人生の休暇”みたいなものです。ゆっくりできる場所に身を置いて、イチからやり直そうと。
で、前から興味のあった福岡県へ引っ越したんです。今度は貯金もあったし、メシが美味いとか、美人が多いとかいうじゃないですか(笑)。

――(笑)。では福岡県で仕事探しを?

いえ、しばらくは働かずに好きなことだけやってました。屋台をはしごしたり、人気のある居酒屋に行ってみたり。たまたま隣の席にいた初対面の人と仲良くなって「じゃあもう1軒」なんてこともしばしば。でもお金って貯めるのは大変なのに、なくなるのは一瞬なんですよね。みるみるうちに貯金が減ってしまって。
そんなわけでまた職探しを始め、『中洲秘密倶楽部』に入ったわけです。

――『中洲秘密倶楽部』を選んだ理由は?

一番の理由はオープニングスタッフを募集していたから。こじつけかもしれませんが、リスタートしたばかりの自分には新店が合う気がしたんですよ。あとはやっぱり店長かな。
いざ面接で店に行ってみたら、まだ床のコンクリートは丸見え、壁紙も貼ってない状態。椅子すらなくて、店長とベッドに横並びに座って面接がスタート(笑)。で、これまでの経歴とか、前職までの環境とか、自分が理想とする職場のかたちとか、いろんなことを延々と話したんですけど、店長はずっとニコニコしながら聞いてくれました。で、「それなら鎌田くんが思うようにがんばってみてよ」「新店で大変なこともあるかもしれないけど、みんなでやっていこう」と熱弁してくれて……。なんか今まで会ったことがない温かい人で、そこに惹かれたんです。

頼れる店長、気の合う仲間たち。“今を楽しめる職場”で今後はさらに新店を盛り上げるべく、突き進む

none
――入社後のお話をお聞かせください。

店のオープンは去年の10月でした。接客未経験者も多くて、初日は俺も含めてみんな緊張していましたが、店長がリラックスさせてくれたんです。「お客様が来ないと接客なんてわかんないし、手探りでいいよ」とか「とにかく元気よくいこう」とか。
そんな感じで気遣ってくれながらも接客時はカバーに入ってくれたり、仕事終わりには1人ひとりにアドバイスをくれたりして心強いなと思いましたね。
ちなみに俺は、オープンの数日後に他のスタッフの教育担当を任されるようになりまして。

――スピード出世じゃないですか。

すごく急だったのでびっくりしましたよ。でも今思えば俺には接客経験があったし「トップがあれこれ面倒を見るより、スタッフ同士がやり取りしたほうが、早く馴染めるんじゃないか」って店長が取り計らってくれたんだと。
おかげで周りとのコミュニケーションは活発になりました。

――職場の雰囲気は?

にぎやかですね。俺を含めて今のスタッフはほとんどが同世代。だからというわけではないですが打ち解けるのは早かったし、今ではお互いをイジってふざけ合ったり(笑)。
退勤後や休日にみんなでご飯に行くことも多いですよ。実はこの前も俺の家で鍋パーティーを開催したばかりで、「どこの方言女子が好き?」みたいなバカな話や「将来こんな店にしたい」という熱い話でオールしたんです。終盤は全員ベロベロでしたけど(笑)。

――仲がいいですね。

でもやるときはちゃんとやりますよ。仕事はきっちり真面目に、迅速に。俺は引き続き教育担当として後輩のサポートや指導をしています。まあ口うるさいタイプではないですけど、同じミスを繰り返していたら当然、叱ります。
ときには言い方が厳しくなるかもしれないし、「お前だって入社3カ月目じゃん」と思う人もいるかもしれませんが、それでも先輩として早く店や仕事に馴染んでもらいたい。
もちろん言いっぱなしにはしません。帰りにはうまい居酒屋に連れて行って話を聞くので、新人さんも前向きにがんばってほしいです。

――最後に未来の後輩へメッセージを。

店はオープンしたばかりです。だから今後も集客数を上げるための改善点は多いと思うのですが、店長をはじめスタッフのみんなで店を盛り上げるべく毎日奮闘しています。
若干騒がしいくらいかもしれませんが「今を全力で楽しみたい」って方にはオススメかと。俺もその1人なんでね(笑)。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

業界大型グループ店で貴方の夢・希望をつかみとれ!
中洲秘密倶楽部
職種 ナイトワーク/店舗型
地域 福岡県・中洲
インタビュー一覧に戻る

PICK UP!INTERVIEW

オススメのインタビュー

  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【中洲秘密倶楽部】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。