PROFESSIONAL
INTERVIEW
シャブール渋谷
店長・幹部候補
戸坂さん 28歳

断れない性分だからこそ勢いに身を任せる。若き店長の原動力は、誰かの笑顔とあの日の思い

断れない性分だからこそ勢いに身を任せる。若き店長の原動力は、誰かの笑顔とあの日の思い

シャブール渋谷

店長・幹部候補
戸坂さん 28歳
年収
750万以上
勤続年数
1年6ヶ月

宮城県出身。県内有数の進学校を卒業後、大学進学と同時に上京。新卒でIT系企業へ入社するも、1年で退職する。紆余曲折を経て『シャブール』の名古屋本店での勤務を開始し、現在は『シャブール渋谷』の店長職を務めている。
東北選抜に選出されるなど、小学生から高校生まではサッカーに熱中。しかし「伸び悩み」と「断れない性格」ゆえに、高校時代には地元の仲間たちとやんちゃな日々を送っていたとのこと。

18歳にして始まった“夜の世界”の仕事遍歴。ホスト時代の恋人は託児所代の返済のために出稼ぎへ

none
――夜の仕事には、かなり若い頃から携わってきたとお聞きしました。

大学進学と同時に宮城県から上京してきて、クラブでボーイのアルバイトをしたのが始まりだったので、18歳くらいのときですかね。もともとその店は先に上京してた姉が働いてて、俺もママとか常連さんに結構かわいがってもらってました。人の本音というか、素の表情みたいなのが見られるのが面白くて、大学3年生の終わり頃に家庭教師のバイトを始めるまでは、ホストとか、キャバクラでボーイとか、水商売を中心にいろんなことをやってましたね。

――風俗業界との接点としては『シャブール』が初めて?

働くという意味では『シャブール』が初めてです。ただ“接点”となると、ホスト時代に付き合い始めた1つ年上の彼女がきっかけかもしれません。
もともとその子は客として俺のことを指名してくれていた、シングルマザーのキャバ嬢だったんです。でも子どもをほったらかして飲みにくるもんだから、子どもがかわいそうになってきちゃって。「俺も店を辞めるから、もう通うの辞めたほうがいいよ」ってホスト通いを辞めさせました。でも出会う前も含めて、2年近く、子どもは24時間営業の託児所にほぼ預けっぱなし。ホスト通いはやめたけど、託児所代の借金が残って、彼女は風俗の出稼ぎを始めることになったんです。
当時は俺もまだ大学生だったんで、夏休みは彼女が家を空けてる間、子どもと一緒に家で過ごすみたいな生活でしたね。ご飯作ったり、一緒に自転車の練習したり。
俺が新卒で就職してからも付き合ってて、両親にも紹介してたんですけど、いろいろすれ違いがあって結局5年くらいで別れちゃいました。

――なかなかタフなエピソード……。

子どもへの情だけでつながってた感じです。それがなかったらもっと早く別れてたと思います。もう連絡先も知らないし何してるかなんてわかんないけど、今思い出すとちょっと切ないですね。
でも面白いことに、そのあと別の子とすぐに結婚したんですよ、俺。交際期間は3カ月。なんの気もない「結婚してよ」「いいよ」って会話の流れから、そのまま市役所に行って婚姻届を出しました。あれだけ長く付き合った子がダメだったんなら、もういっそ先に結婚しちゃえばいいんだ、みたいな(笑)。もちろん親には事後報告で。

――勢いがすごい。

ノリですよ、本当に。
実際『シャブール』で働くことになった経緯も、ノリの影響が強いですからね。

“ノリが強すぎる”新婚夫婦、途中下車の旅。新天地での生活は予想外に早く終わりを告げる

none
――というと?

新卒で就職した営業職が、どうにも性に合わなくて。キャバクラ時代の店長から誘われるままに、1年で退職して、またボーイを始めたんです。でも、しばらく働いてるうちにその人の独立が決まって、なぜか俺が次の店長に(笑)。「お世話になった人だし、まあいっか」くらいに思ってたんですけど、実際店長をやってみるとなかなか過酷というか、割に合わないというか……。
しばらくして完全に嫌気が差して、飛ぶように仕事を辞めました。その頃、俺は新婚1カ月(笑)。
それで、何しようかなって思ってたら、友達が「大阪でバーをやるから手伝って」って言ってくれたんで、嫁と2人で大阪へ。貯金はあったし、新婚旅行みたいなノリでしたね(笑)。

――随分と破天荒な新婚旅行。

でも車で大阪へ向かう途中、観光ついでに立ち寄った名古屋の街並みとか雰囲気を嫁が気に入っちゃって「住みたい」なんて言いだして(笑)。
そのまま友達には「ごめんやっぱ行けない」って断りを入れ、名古屋に住むことになりました。そっから3カ月、僕は知らない土地でニートみたいな(笑)。

――何か理由でも?

嫁は早々に名古屋のキャバクラで働き始めたけど、俺はもうキャバのボーイも昼の仕事もやりたくなかった。とはいえずっと無職なのも焦るじゃないですか。それでなんとなく仕事を探してたら風俗業界の求人が出てきて、これもアリなんじゃないかなって。
とりあえずノリで検索結果の一番上に出てきた、『シャブール』の名古屋本店に応募。もうその翌日には面接でしたね。

――面接ではどのような話を?

最初はアルバイトのつもりだったのに、当時の副店長から「社員でどう? どうするか今決めて」って誘われちゃいまして。思わず反射的に「じゃあやります」みたいな(笑)。
どうやらあのとき、渋谷に新店を出すことが既に決まってて、俺は最初から渋谷要員として考えられてたっぽいですね。結局、名古屋にいたの3カ月くらいですもん(笑)。

――せっかく移住したのに(笑)。

渋谷の立ち上げに行ってくれって言われたときは、2回くらい断りましたよ。嫁にも「仕事が決まって落ち着いてきたのに、バカじゃないの」って言われたし。
でも俺も頼まれると断れない性格なのもあって、当時の上司から「なんとか説得して」って言われるがままに、何度も嫁に頭下げました。で、なんとか嫁と一緒に名古屋から東京に戻ってきて、今に至ります(笑)。

サービス業のやりがいは“誰かの笑顔”に尽きる。高らかに掲げた目標と、静かに燃える熱い思い

none
――新店立ち上げ当初の思い出を。

『シャブール』って名古屋だと、みんな知ってるような有名店。鼻クソほじってても電話はバンバン鳴るし、店側がお客様を選べるくらいの地位を確立してるんですよ。でも東京での知名度なんてほとんどない。同じノリで仕事していたら売上も上がらなくて、立ち上げ当初は本当に大変でしたね。ダマされたと思いましたもん(笑)。
軌道に乗ったのは、オープンからちょうど1年経ったくらいじゃないですか。最近だと1回指名が入った女の子がそのまま出ずっぱりみたいなことも増えてきましたし。

――現在は店長職に就任。要因は?

前任者の異動が主な理由ですけど、集客面での貢献が評価されたのかな。オープン以来、集客の方法を考える中で、シンプルに「近隣のいい店のマネをすればいいんだ」って気付いたんですよ。他店のスタッフや案内所の人とも仲良くなっていろんな情報を集めて、広告費の使い方とか、プレイ料金の値下げを提案したことは大きかったかもしれません。
今は周りの人気店に並ぶくらいの集客は獲得できてるんで、間違ってなかったみたいですね(笑)。

――今後の展望は?

近い未来だと、『シャブール渋谷』の知名度と売上をもっと上げて、渋谷で一番と言われる店にしたいですよね。
その先は経費で高級外車を買います(笑)。うちのグループって利益さえあれば、経費で社用車を買っていいんですよ。2,000万円以上する車に乗ってる人もいるんで、俺は3,000万円くらいのやつに乗らせてもらおうかなと。会長とも既に約束していて「俺が飲んでるところまで、お前が迎えに来い」って言われてます。会長も粋というか、俺を奮い立たせてようとしてくれてるみたいです(笑)。

――やりがいについて。

ベタですけど、女の子とお客様の笑顔だけです、本当に(笑)。
渋谷に来た当初の半ばボランティア感覚だったのが原点になるんですけど、サービス業って結局はそこに尽きるのかなって。元カノが出稼ぎに行ったことも、未だに背負ってる部分はあるからこそ、こういう仕事を選ぶ女の子の力にはなりたいんですよ。
目標金額を達成させるために、彼女たちにいろんなことをアドバイスする。その結果、お客様から「よかったよ」っていう言葉がもらえると、俺もうれしいし。
家庭教師とか、子どもの世話と似てるのかな……。もしかすると “人の面倒を見る”みたいなことが好きなのかもしれないですね、俺(笑)。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

全ての方に日本でトップクラスの高待遇をお約束致します
シャブール渋谷
職種 ナイトワーク/無店舗型
地域 東京都・渋谷
インタビュー一覧に戻る

PICK UP!INTERVIEW

オススメのインタビュー

  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【シャブール渋谷】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。