PROFESSIONAL
INTERVIEW
SIGNALグループ
店舗スタッフ
杉村侑也さん 21歳

何事もノリで乗り越えてきた青年。刺激的な大人の世界で目指すのは、落ち着いたデキる男性

何事もノリで乗り越えてきた青年。刺激的な大人の世界で目指すのは、落ち着いたデキる男性

SIGNALグループ

店舗スタッフ
杉村侑也さん 21歳
年収
300万以上
勤続年数
2年10ヶ月

北海道帯広市出身。高校卒業後は憧れていた美容師になるべく札幌の美容室に就職するも、わずか2週間で退職。その後アルバイトで日銭を稼ぐ生活を続ける中で、『SIGNALグループ』にアルバイトとして入社する。若さと元気さを買われ正社員となり、現在はウェイターの業務を中心に役職者を目指して日々奮闘中。
最近買ったアップルウォッチは、「時計マウントから逃れられる」とのこと。

理想と現実とのギャップに、あっけなく投げ出した夢。生活のため“なんとなく”飛び込んだのは、夜の世界

none
――ご出身は?

帯広です。緑の多いのんびりとした街で、のびのびと育ちました。だからというわけじゃないんですけど、学生時代は結構やんちゃでしたね。友達と学校をサボったり、深夜に補導されたり、SNSで悪ノリがバレて停学になったり、いろいろと。母親も「人様に迷惑をかけずに、捕まらない程度なら好きにやっていい」という感じで緩かったんで(笑)。
でも、夢をかなえるために高校は卒業したくて、ギリギリのところでなんとか。

――かなえたい夢、とは?

美容師になりたかったんです。中学生のときに初めてちゃんとした美容室に連れて行ってもらったのがきっかけ。1,000円カットとは全然違うし、施術してくれた美容師さんがめちゃめちゃいい人で、おまけに出来上がった髪型が最高にかっこよくて。そのときに「美容師かっこいい! 俺もなりたい!」と興奮したのを今でも覚えています。
そこから約6年間憧れ続け、高校卒業したらその美容師さんの働いている美容室で働きたいと思って、面接に行きました。

――その結果は?

落ちたんですよ(笑)。ずっと通ってる美容室だからきっと受かるだろうなあと自信があったし、見よう見まねで友達の髪を切らせてもらったりとイメトレは完璧だったので、さすがにショックでした。それでもどうしても諦めきれなくて、札幌で募集しているところを見つけて応募、無事内定をいただきました。

――それはよかった。

でもね、これがびっくり。2週間で辞めたんですよ(笑)。

――(笑)。

お恥ずかしい話です(笑)。どうしても休みが少ないのに耐えられなくて。そういうもんだとわかっていたはずなんですが、いざシフトを目の当たりにすると愕然としました。もっと遊びたいし、ゴールデンウィークは実家に帰りたいのに仕事が入っている。勘弁してよ、と(笑)。
さらに、ちょっぴりめんどくさい上司のせいで人間関係もなんとなくギスギスしてるし「ああ、もう無理だ」と、シャンプーを覚えたタイミングで飛んじゃった(笑)。

――その後は?

居酒屋とか、引っ越しのバイトをしたり、ホストの体験入店で日銭を稼ぐ生活を。まあほとんど遊びに使ってたせいで、家賃も滞納してましたが(笑)。そんな生活を3カ月くらい続けてたら、赤色の督促状が郵便受けに……。さすがに「これはやばい、追い出される」と焦っちゃって、新しいバイトを探してたときに見つけたのが『SIGNALグループ』です。

刺激的な大人の世界から、まさかの誘い。“とりあえずやってみよう”だけで挑戦した正社員

none
――なぜ夜の世界へ?

給料がいいからですね。まずは家賃を返さなきゃだったので(笑)。それに母親が地元でスナックのママをやっていたのもあり、夜への抵抗感もなかったし。一緒にバイトを探していた友達と「黒服かっこよくね?」と盛り上がって、一緒に働き始めました。

――実際に働いてみた感想は?

楽しかったですね。当時はまだ18歳で、スタッフの中ではもちろん在籍している女の子よりも年下だから怒られることもなく、むしろかわいがってもらえてやりやすかった。
あと、実際にお店で働くまでキャバクラに行ったことがなかったから、女性の露出が想像よりも多くてドギマギしました。店内も真っ暗になったり「大人の世界って刺激的だな~」って、毎日出勤するのが楽しみで楽しみで(笑)。

――いいですね(笑)。

しかも、割のいい仕事だから家賃もすぐに返せて一安心。休みの日は友達と遊んで過ごして、何不自由ない生活をしていました。
でもアルバイトをはじめて半年が過ぎた頃、部長から突然VIPルームに呼び出されたんです。「なんかやらかしたかな……。バイトでクビとかある!?」って、思い当たる節もないけど焦っちゃって。あ、もちろん女の子に手を出したりはしてませんからね(笑)。

――(笑)。部長からは、なんと?

「学校も行ってないんだし、仕事探してるんなら正社員として働かない? いい給料だすからさ」と誘いを受けたんです。きっと若さと元気さを買われたんだと思います。だからうれしかったけど、そのときはちょっと考えさせてほしいって時間をもらいました。

――それはなぜ?

正社員になったら週6勤務になるからですね(笑)。アルバイトのときは週4だったから休みが3日もあったのに、途端に1日になってしまう。美容師のときのことが頭をよぎって「今度はやっていけるのか?」と思っちゃって。
それで、先輩とか友達に相談したら「いいじゃん、とりあえずやってみなよ!」って。さすが僕と気の合う人たち。ノリがよすぎるというか、なんというか(笑)。
でもたしかに、もうすぐ成人するしバイトじゃなくてちゃんと仕事に就かなきゃな、と思ったんです。とはいえ今から履歴書作って、スーツ着て、新しいところを探す気力はない。なので、無理だったら辞めればいいやっていう軽い気持ちで正社員の話を受けることに。

“ノリと勢い”だけではダメだと気づかされた。落ち着いた大人を目指して、日々奮闘する次世代の若者

none
――正社員になってどうでしたか?

懸念点だった週6勤務も、辛いのは最初の1カ月間だけ。人間慣れるもんですね。今なら美容師のシフトも余裕かもしれません(笑)。
仕事内容に関してはほとんどアルバイトのときと変わらなかったけど、ネット関連の仕事を任されることも。世の中がコロナで混乱していた頃は売上もすごく落ちたんですが、これまでよりもネットに力を入れてお店や女の子の宣伝をしたおかげで、少しずつ客足も戻ってきました。今はどんなことでもいいから、店の売上に貢献できるようがんばってます。

――そんな杉村さんのやりがいは?

1日の売上が高かった日に、「疲れたな」って思うのと同時に「やりきったな」と達成感を感じるところです。まあ今はとにかく若さがウリなので、イケイケノリノリでガムシャラに仕事してますね。
ああ、でもそうやってノリだけでやってるのがダメなのかな。というのもね、最近大きなミスをしちゃって。

――どんなミスを?

その日は誕生日の女の子がいて、指名のお客様がオーダーメイドのケーキを持ってきたんです。こちらで一度お預かりして、タイミングを見計らってホールに持ってくぞというところで、ツルン。ケーキをひっくり返してしまって(笑)。修復不可能なくらいぐちゃぐちゃだし、もう頭真っ白でどうしようかと。とりあえず謝るしかなかったので、恐る恐る経緯を伝えると「いいよ、いいよ、大丈夫」と許してもらえました。寛大なお客様でよかったですが、もっと落ち着いて、大人にならなきゃだめですね(笑)。

――(笑)。どんな後輩がほしいですか?

お酒が好きな人でしょうかね(笑)。気前のいいお客様から飲みなよってごちそうになることもあるし、仕事終わりにスタッフで飲んだりとかもあるので、わいわい騒げる環境が好きで、場を盛り上げられる人に来てほしいかな。
まあ正直働く理由はなんでもいいと思ってて、手っ取り早くお金がほしいとかでもいいと思います。とにかく楽しい職場だから、とりあえず一緒に働こうよ、と(笑)。

――今後の目標は?

今はウェイターという仕事なので、今後は役職について付け回しをしたいです。そしてゆくゆくはグループの幹部に。夢は大きく、ノリを大事に、ね(笑)。
そのためにはまず、さっきも言った通り落ち着いた大人になります。そういえば僕、寝坊も多いんですよ。全然ダメダメだ……。気合い入れ直します!
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

☆★社保完備★☆新卒、新社会人大歓迎!当グループで一緒に夢を現実に…
SIGNALグループ
職種 風俗ワーク/セクキャバ・おっパブ
地域 北海道・札幌・すすきの
インタビュー一覧に戻る

PICK UP!INTERVIEW

オススメのインタビュー

  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【SIGNALグループ】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。