PROFESSIONAL
INTERVIEW
108
谷町人妻ゴールデン倶楽部
店舗スタッフ
田辺さん 27歳

だまされ続けた日々に終止符を。冷静沈着な分析家が試行錯誤の末に算出した、自立への活路

だまされ続けた日々に終止符を。冷静沈着な分析家が試行錯誤の末に算出した、自立への活路

谷町人妻ゴールデン倶楽部

店舗スタッフ
田辺さん 27歳
年収
480万以上
勤続年数
1年6ヶ月

長崎県佐世保市出身。地元の工業高校を卒業後、建築会社の現場監督や自動車用品の販売職、船体の塗装業を転々としたのち、『谷町人妻ゴールデン倶楽部』へ入社。今ではその落ち着いた人柄と高い分析力が評価され、27歳の若さながらも周りのスタッフから絶大な信頼を得ている。
休日の楽しみはカラオケに行くこと。普段の物静かな雰囲気とは打って変わって、店内中に響き渡るような大声で好きな曲を熱唱するのだとか。

高校卒業後は職を転々。“ウソばかりの待遇”に苦しみ、お金も家もないという過酷さだけが残る

none
――ご出身は?

長崎県の佐世保市です。大型のテーマパークとかハンバーガーが有名なところです。18歳になるまでずっと地元で過ごしていましたね。
それまでの学生時代はひたすら陸上で短距離を。小学生のときにたまたま参加したマラソン大会がきっかけで、走ることが大好きになったんです。中学も高校も当たり前のように陸上部に入って、一心不乱に走り続ける青春時代を送りました。調子がよかったときは市の大会でベスト8に入賞したこともありますよ。

――好成績ですね。モテていたのでは?

小学生までは(笑)。ただ陸上以外は普通の学生で、部活がない日はすぐに帰宅してゲームに夢中。プライベートは1人で過ごす時間が多かったので、浮ついた話もないまま卒業しちゃいましたね(笑)。
部活を引退してからは陸上からも離れてしまって、それ以降走ることはありませんでした。

――その後は?

とにかく高校で勉強した建築の知識を活かしたいと思っていたので、最初に内定をもらった会社で現場監督として働くことに。縁もゆかりもない大阪が勤務地だったのですが、思いきって大移動しました。
希望に合った職種へ就職はできたんですけど、これが僕の人生で一番ツラいスタートになってしまうんです(笑)。

――ツラいスタート?

重労働のわりにガッカリするほどの薄給で……。寮はあったので住む場所はなんとかなったのですが、当初の求人内容に書いてあった給料と全然違って手取りは12万円。4年間がんばり続けたのに昇給はなし。「これは無理」って危機感を抱いて、静かにリタイアしました(笑)。
その後は長崎に帰って自動車用品の販売業や船体の塗装業を転々としましたが、どこも1社目と同じように当初の求人とは異なる待遇で。拘束時間は長すぎるし、給料も満足にもらえない。冷静になって仕事のメリットとデメリットを整理してみるたびに「この先やっていける要素が見当たらない」という結論に至って、リタイアの連続でした。

――理不尽な求人内容に泣かされ続けたと。

そうなんですよ。しかもここの前に働いていた塗装業を辞めたときなんか現場の関係で名古屋にいて、まとまったお金どころか住む家もなくて……。
ただそのタイミングで大阪にいる友人に相談したら「次の職が見つかるまでおいでよ」と言ってくれたんです。
「本当に助かった」と思って、あり金をはたいて泊まりに行きました(笑)。

ギリギリの生活を脱するために足を踏み入れた偽りのない世界。“持ち前の分析力”で着実な一歩を踏む

none
――以降は大阪で転職活動を?

友人宅に着いてからすぐに始めました。ずっと世話になるわけにもいかないですし(笑)。
稼げればなんでもよかったので、「寮付き 高収入」のワードで検索して、そこで初めてナイトレジャー業界を知ったんです。中でも「当店の求人にウソは一切ありません」と書いてあった『谷町人妻ゴールデン倶楽部』に目がいってしまって……。
これまで求人内容に裏切られ続けた僕にとって何もかもが疑心暗鬼の材料だったのですが、「また待遇が異なるなら最悪辞めればいいや」くらいの気持ちで応募してみました。

――面接時の印象は?

代表とお会いして、本当に丁寧に面接してもらえたのを覚えています。途中で完全に心を開いてしまって「実は今、友人の家で世話になっているんです」と勝手に身の上話を始めてしまったくらい(笑)。それでも代表は親身になって聞いてくれて、「まずは友人の家を出て自立することが目標だな」と背中を押してくれたんです。
面接前は長崎に戻る選択肢も考えていたのですが、3日後には内定をもらえましたし、代表の言葉を信じてそのままここで働くことにしました。

――初めての業界。苦戦することも多かったのでは?

大変でしたね。最初はOJTでシステムやキャストの顔と名前を覚えることから始まりました。先輩が付きっきりで教えてくれてはいたんですけど、なかなか難しくて。受付でお客様から「この子どんな感じ?」と聞かれてもまともに詳細を伝えられなかったですし。

――焦りますよね。

でも僕は絶対にその心情を表に出さないようにしていたんです。どんなにキツかったとしても「冷静に」と言い聞かせていました。そのあとは「どうすればよかったのか?」と自問自答して、気付いたことがあれば即実践。
実は陸上をしていた頃もこんな感じでよく現状を分析していたんですよ。速く走るために腕の振り方や膝の曲げ方などの細かい動作を工夫したり、そのたびにフォームを見直してみたり。
このお店でもより魅力的な接客がしたかったので、同じことを実践しようと思ったんですよね。特に細かく見直したのは接客方法。好みの女性のヒアリングや遊び方の説明といった細かい要素をその都度アレンジして、毎回「これがベストなのか?」と振り返るようにしてみました。

眼前の試練は落ち着いて乗り越えるのみ。さらなる研鑽を積み重ね、“念願だった自立”をつかみ取る

none
――入社して1年半。これまでの分析は仕事に活きている?

たくさんのトライアンドエラーを繰り返したので、接客に関しては慣れました。この前もお客様から「希望した通りの女の子だったよ、また来るね」とうれしい言葉をいただけましたし。
それに新しい仕事も任されることになりまして。近いうちにシフトの管理やキャストの対応など内部の業務が増えると思うので、ますます自分の力量が試されるのではと思っています。

――今後も壁が立ちはだかる?

確かにそうかもしれませんが、これまでと変わらず、常に落ち着いて対処していきたいです。一見難しそうな問題に見えても、1つひとつの要素を整理して試行錯誤してみれば、必ず解決できると思うんですよね。
それにここは先輩方の存在が何よりも心強い。仕事でわからないことがあったときは、いつでも手を止めて丁寧に教えてくれますし、プライベートでも最低月1回は飲みに連れて行ってもらっています。どんな相談でも聞いてくれるので、アットホームな雰囲気だと思いますよ。

――働きやすそうな職場環境ですね。

初めてこの業界で働く方でもすぐになじめるはずです。もしミスをしても頭ごなしに怒られることはないですし。まあよっぽどひどかったときは保証できないですけど(笑)。
でも面接での代表との会話や求人内容にウソは一切ないので、「真面目に稼ぎたい」という気持ちがあるなら勇気を出して飛び込んできてほしいなと思います。

――収入面には満足できている?

やっと希望額を稼げるようになりました(笑)。今は手取りで35万円から40万円ほどですね。前々から我慢していたスーツや私服も買えましたし、最近は新しい車を買うために地道に貯金中(笑)。車種は明確に決めていないけどセダンが第一希望です。
これからの生活ももっとゆとりが持てるように、目の前の仕事でミスがないよう取り組んで、今以上に昇給できればと思っています。

――目標だった自立は?

安心してください、今では寮を出てちゃんとした賃貸物件に住んでいます(笑)。
ちなみにここの社員寮ってすごくキレイなマンションなんです。だから最初に入寮するときは「え? これはさすがにウソでしょ?」ってびっくりしました。今まで“ウソ”続きで散々な目に遭ってきましたけど、こんなにうれしい“ウソ”は初めてでしたよ(笑)。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

少しの興味とヤル気があれば、しっかり稼いでもらえます♪業界のイメージが一新される職場ですよ♪
谷町人妻ゴールデン倶楽部
職種 ナイトワーク/無店舗型
地域 大阪府・谷九

RELATEDINTERVIEW

関連インタビュー

POPULARINTERVIEW

人気のインタビュー

インタビュー一覧に戻る
  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【谷町人妻ゴールデン倶楽部】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。