PROFESSIONAL
INTERVIEW
79
ティアラ
店舗スタッフ
抜井 将人さん 29歳

紆余曲折を経てたどりついた究極の接客業。恵まれた職場環境をステップに、果てしない夢を抱く

紆余曲折を経てたどりついた究極の接客業。恵まれた職場環境をステップに、果てしない夢を抱く

ティアラ

店舗スタッフ
抜井 将人さん 29歳
年収
500万以上
勤続年数
1年8ヶ月

和歌山県出身。さまざまな職業を転々としたのち、人生の転機を求めて26歳で上京。高収入を稼ぎたい一心でナイトレジャー業界に足を踏み入れる。
持ち前の人当たりのよさを武器に、『ティアラ』入社後すぐに接客担当として活躍。現在は同店の求人窓口も兼任している。
「夢は大きく」が信条の彼が抱く今の夢、それは「ナイトレジャー王になってお金持ちになる」こと。

甘い夢を捨てきれず職を転々。結婚を機に生まれ変わろうとするも“嫁の何気ない一言”が理由で挫折

none
――すごく人当たりがよさそうな印象を受けます。

ありがとうございます(笑)。まあ初対面の方からは第一印象で「優しそうな人」って見られることも多いですし、昔から人当たりはいいほうだったとは思いますね。
ただ僕は幼少の頃から甘やかされて育ったんで、人にだけじゃなくて自分にも甘くて(笑)。小学校からがんばってた野球を「高校に入ってまでしんどい練習するのは嫌だ」ってあっさり辞めたり、授業の出席日数が足りなくて受けるはずだった追試を「もう勉強したくない」って逃げて高校を中退したり。マジでどうしようもない甘ちゃんでした(笑)。

――高校を中退してからのことを。

その頃「とにかくお金持ちになりたい」っていう甘い夢を持っていたので(笑)、地元でいろいろなバイトをしてました。ただやっぱりお金を稼ぐには都会かなと思って、18歳のとき、大阪に出てきたんです。で、たまたま求人サイトで見つけたスカウトの仕事を。最初は家がなかったんで事務所に寝泊まりしながらやってましたね。
結果的には諸事情があって2年くらいで辞めちゃうんですけど、結構うまくいってたんですよ。スカウトしたその日のうちに面接まで持っていけることが多くて、この点に関してはすごく評価してもらえました。仕事はすごく面白かったし、給料も月に30万円くらいはあったし、人間関係にも恵まれてた。可能であればずっとやっていたかったくらいです。

――スカウトを辞めてからもずっと大阪に?

いや、結婚を機に地元に戻りました。20歳のときですね。ちなみに相手は高校のときの同級生。しかもすぐに子どもができちゃって(笑)。なので、友人に紹介してもらって、家を建てるときの足場を組む現場仕事を始めました。結構ちゃんとした会社の正社員として。
ただ給料はいたって普通で、仕事も面白くなかったので、正直やる気はあんまりなかったです(笑)。それでも家族のためにがんばってたんですけど、あるときボーナスの明細書を嫁に見せたら「はあ? 少なっ!」って言われてしまって。それがきっかけで離婚することになって、ついでに仕事も辞めちゃいました(笑)。

“有名企業の社員”という淡い夢。役職者の一歩手前まで上り詰めた仕事を蹴って転職するも大失敗

none
――その後は?

給料がよかった大手チェーンのパチンコ屋に入社しました。独身に戻ったとはいえ、子どもの養育費を払う必要があったので(笑)。
ただこれが意外と楽しかった。特に接客的な部分。負けているお客様にいかに楽しんでもらうかを考えながらコミュニケーションをとって、結果的に笑顔で帰ってもらえたときはドヤ顔ものでしたよ。今考えればこのときからですね、「接客業って面白いな」って思い始めたのは。
そんな感じで3年ほど働いてたんですけど、あるとき当時の彼女の親友の旦那から「有名企業の車のディーラーをやらないか」っていう誘いを受けましてね。昇格の話も出てたので正直悩みましたよ。でも「中卒の僕が有名企業の社員に!?」っていうことで頭がいっぱいになって、下調べもせずに転職することにしたんです(笑)。

――大きな決断。

はい。結果的には大失敗でしたけど。

――(笑)。詳しくお聞かせください。

有名企業という名前だけが転職の理由だったのに、いざ働いてみたら店舗や工場はボロボロ。で、責任者に「これ潰れないんですか?」って聞いたら、「そう、ヤバいんだ」って即答。入社してすぐにですよ(笑)。
それでも有名企業の車が商品だったので最初の3カ月くらいは結構売れたんです。ただ近くに直営店舗がポンポンできてからはまったくダメ。僕が働いてたのはフランチャイズの店舗だったから、直営店の値下げ攻勢に勝てるわけもなく、まさにジリ貧状態。それからしばらく経って、責任者から突然「もう店ダメだから。今までお疲れ」って。ひどすぎますよね(笑)。

――ご愁傷様としか言えません……。

本当に腹が立ちましたよ。店じゃなくて彼女の親友の旦那にね(笑)。まあこんな性格だからあまり深くは悩みませんでしたけど。
とはいえ、一旦すべてにおいてリセットしたかったので、ディーラーを辞めてすぐに上京しました。知らない土地で、まったく違う業種で働こうと思いましてね。なので、ネットで高収入系の求人を片っ端から探してナイトレジャー業界に飛び込むことにしたんです。
ただ最初の店が本当にキツかった。入社してすぐの頃はよかったんですけど、途中からスタッフがいなくなったりして、毎日20時間勤務。決してウソじゃないですよ。結局、肉体的に耐えられなくて半年で辞めました。

“自分に向いている仕事”を任せてもらえる魅力的な職場。ナイトレジャー王になることが今の夢

none
――そこから『ティアラ』に入社するきっかけは?

知り合いからの紹介です。ただ同じ業界でも業態が違うから、最初は戸惑うことも多かった。それでも先輩方が温かかったのですぐになじめましたね。仕事と全然関係ない部分でも親身になって話を聞いてくれたり、ご飯に連れて行ってくれたり、本当に面倒見がいいんです。“一宿一飯の恩”じゃないですけど、そういう細かいところが心に残るものですよね。
仕事自体も接客をメインに任されたので、めちゃくちゃ面白い。電話問い合わせでお客様が僕を名指ししてくれたときとか、やっぱりうれしいですよ。
まあ最近は広報的な仕事も任されてるんで、接客以外も増えてきましたけど。

――具体的に広報の仕事とは?

まさに今受けてるインタビューとか(笑)。いわゆる求人全般の窓口ですね。
自分で言うのもなんですけど、成果は結構出てるとは思います。新しいキャストがどんどん入ることによってお客様も多く来店されるし、ひいては売上にもつながる。がんばればすぐに結果が出るので、本当にやりがいを感じています。
やっぱり人間って“向き、不向き”があるじゃないですか。接客が得意な人もいれば、そうじゃない人もいる。僕はたぶん、人と会って話をするのが向いてたので、接客や求人の広報を任されたんでしょうね。そういう意味で『ティアラ』は、その人に向いている仕事を思いきり任せてもらえる職場だと思いますよ。

――ナイトレジャー業界の魅力って?

少なからず抵抗感を持っている人も多いでしょうけど、覚悟とやる気があれば誰にでも高収入のチャンスがあるところでしょうか。本当に夢のある業界だと僕は思っています。

――そんな抜井さんの今後の夢を。

まずは店長になること。で、35歳くらいには自分で店を経営して、それからグループ展開。そしてゆくゆくは“ナイトレジャー王”になる!
……う~ん、やっぱり考え甘いですかね、僕(笑)。
写真・記事:メンズバニラ編集部

会社情報

ティアラは何よりも「人」を大切にします。なので、男子スタッフが【一番働きやすいお店】を目指しております。
ティアラ
職種 ナイトワーク/店舗型
地域 埼玉県・西川口・川口

RELATEDINTERVIEW

関連インタビュー

POPULARINTERVIEW

人気のインタビュー

インタビュー一覧に戻る
  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【ティアラ】の求人情報

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。