PROFESSIONAL
INTERVIEW
梅田ゴールデン倶楽部
店舗スタッフ
男梅さん 40歳

根性だけが取り柄だったタフガイがぶち当たった壁。乗り越えられた理由は仲間の存在

根性だけが取り柄だったタフガイがぶち当たった壁。乗り越えられた理由は仲間の存在

梅田ゴールデン倶楽部

店舗スタッフ
男梅さん 40歳
年収
700万以上
勤続年数
10年0ヶ月

兵庫県出身の40歳。大学卒業後、大手コンビニの店長職に従事。外資系企業にヘッドハンティングされるも、保険の営業職に適応できず退職した。その後『梅田ゴールデン倶楽部』に自らの居場所を見出し、勤続10年以上のベテランスタッフとして活躍中。
休日はカヌーや登山を好む根っからのアウトドア派。「嫁と二人きりになる時間を大切に」という愛妻家でもある。

初めての仕事はいきなりの店長職。“スポーツで育まれた根性”だけが男の取り柄

none
――ご出身は?

兵庫県です。結構スポーツが盛んな地域で、僕も中学、高校とハンドボール部に所属していました。早朝からの朝練はもちろん、夜の11時まで毎日、練習していて。

――かなりハード……。

ええ。指導もスパルタで、何かあるたびバチバチにしばかれました(笑)。おかげで試合はいい線まで行けたんですよ。その縁でとある大学からハンドボール部新設のためにお誘いもかかりまして。

――ということは、大学でもハンドボールを?

ところが、そのつもりでいたのに「人が集まらない」ということでかなわなくて。で、途方に暮れていたところ、ガシッと大柄な男性に肩を掴まれ「すごいふくらはぎやなあ」って言われながら連行されて、有無を言わさずアメフト部に入部。
でも、最初僕はアメフトとラグビーの違いもわからないくらいだったから「こんな初心者で大丈夫なんだろうか」と迷っていたんです。そんな僕に先輩が「アメフトは、1人ひとりにちゃんと役割があるスポーツだから、どんな人でも活躍できる場所がある」とアツく語ってくれて。その言葉に一気に引き込まれて「やってみよう」と決意しました。

――まるでスポ根マンガみたいな世界(笑)。

ですよね(笑)。しごかれたおかげで体力も以前に増してついたし、怒られても怖いどころか、気力で「やったるぞ!」って踏ん張れる性格になれたし、心底「楽しい」とも思えるようにもなっていました。
一方で、3年生からは就活を始めたんですが、当時は氷河期真っ只中。面接でいくらスポーツの素晴らしさを説いたとて、どこからもいい感触は得られずなかなか就職が決まらなくて、めちゃくちゃ焦りました。そして、卒業ギリギリになってようやく、超大手コンビニから内定をもらえたんです。ちなみに、仕事はとある店舗の店長職。

――いきなりの店舗運営は相当大変そうですが。

それはもう。まず、コンビニのアルバイトって年齢も国籍もさまざまなことが多い。僕の下にいた人たちも例にもれずで、言葉ひとつ覚えるのに必死でした。
そんな感じで大変ではありましたけど、僕にとって唯一の取り柄でもある根性を見せたかったし、アメフト部の先輩からも「コンビニは営業も接客も全部やるから、あそこでやっていければどこにでも通用する」と聞いていたので、なおさら燃えたんです。

イケイケだった店舗運営。その勢いでチャレンジした外資系営業マンも“うまくいくはずだった”

none
――あえて過酷な環境に立ち向かった?

かもしれません。
ただ、1人でがんばっても限界があるし、アルバイトに動いてもらわないと、お店は回りません。そんな中でくせ者だったのが、とあるパートの女性。この人はスタッフとしての経験がかなり長かったから、新入社員が指導したところで「前の店長はこうやった」と自分のやり方を崩してくれなかった。だから最初はめちゃくちゃ険悪な間柄だったんですけど、こちらも覚悟を決めて、腹を割って話し込んだら一気に仲良くなれました。強敵がバトルを経て味方に変わったような感じというか(笑)。

――これまたマンガのような(笑)。

おかげでそこからは彼女を中心に、アルバイト全員が自主的に動いてくれるようになって。まあ、自分の中で「この人さえ押さえておけば店は軌道に乗るだろう」と予想はしていましたが。

――作戦勝ちですね。

そうなんです。しかもその甲斐あって、オリジナル商品の売上が地域でナンバーワンに。結構うまくいっていたと思います。
そんなある日、実績を買われて、外資系の保険会社にいた知り合いから「来てくれないか」と声が掛かりまして。当時自分では「外資系の営業」という響きに憧れていたし、いわゆるシュッとしたビジネスマンを想像したら何だかワクワクしてしまって。なので、2つ返事で受けることにしたんです。

――思いきった転職。

でも実際はノルマがきついし契約は取れないし、働けど働けど営業成績は下降する一方。気持ちの強さだけでやってきた自分にとっての初めての壁でしたね。「コンビニ時代のイケイケぶりはどこにいったんだ」とかなりショックで。
それに、今まではチームプレーだったから支えてくれる仲間がいたけれど、営業は孤独にやっていくしかない。次第に心が折れてしまって……。

――それはしんどい。

結局、1年ほどで退職。しかも、辞めたのがちょうど結婚した直後の出来事でね……。だから「どうにかして稼がなアカン」と再就職先を片っ端から探しました。それで『梅田ゴールデン倶楽部』を見つけたんです。

再び壁ぶち当たった男を救った先輩の言葉。ここは“ひとりじゃない、ワンチーム”

none
――なぜ夜の世界に?

とにかく家計の負担を軽くしてあげられる収入面に加えて、時間に融通が利くという点で応募しました。嫁と勤務時間を合わせられたのも大きかったですね。

――でも、今までとはまったく異なる業種ですよね。

はい。多くの女性に囲まれる機会すらそれまでなかったから、どう接したらいいのかもわからないまま仕事をしていましたね。そしたらあるときの社内アンケートで「対応が事務的」「気配りが足らない」とキャストから散々な書かれようで……。さすがにこれはだいぶ堪えました。しばらく悩んで、自分なりに工夫もしたんだけどやはり上手くいかない。どうしたらいいのかわからなくなった挙句「もう辞めたいです」と先輩に弱音を吐いたことがありまして。

――先輩は何と?

「お前何のためにここに来たんだ、奥さんに楽させてあげたいんじゃなかったのか。辞めるなら稼いでからにしろ」って叱られちゃって。さらに僕が抱える問題点を解決すべく、「だったら俺が鍛え直してやる」って付きっきりで指導してくれたんです。

――アツい先輩ですね。

でしょう(笑)。でもね、ノウハウが身についたと同時に心にも余裕が出て、いつの間にかキャストからも「表情、柔らかくなったよね」って話し掛けてもらえるようになってきたんです。そこからですね。「ここでがんばるぞ」と強く思えたのは。

――そんな男梅さんの、今後の目標は?

『梅田ゴールデン倶楽部』は老舗店で、ファンがとても多いお店なんです。ずっと来てくれる常連さんはもちろん、新規で来てくれる方のためにもどんどん盛り上げていきたい。
そのためには新しい戦力が必要不可欠。今度は僕が新人さんに叱咤激励していく存在になりたいです。あのとき僕を救ってくれた先輩たちのように……。

――未来の後輩にメッセージを。

しんどいときや理不尽なことって生きていたら必ずあると思います。僕もそうでしたし。でも『梅田ゴールデン倶楽部』は店自体が1つのチームみたいな感じ。いつでも支え合える仲間がいるので、安心して応募してほしいですね。稼げる環境だってちゃんと整っているし、どんどん上を目指したいという人も大歓迎です。
写真・記事:メンズバニラ編集部

梅田ゴールデン倶楽部のリアル給与明細

店長・幹部候補
年齢
40歳
職位
チーフ
  • 基本給
    500,000円
  • 交通費
    5,000円
勤続期間
10
合計
505,000
店舗スタッフ
年齢
30歳
職位
店舗スタッフ 250時間勤務
  • 基本給
    425,000円
  • 交通費
    5,000円
  • 家族手当
    10,000円
勤続期間
3
合計
440,000

会社情報

梅田ゴールデン倶楽部は、ナイトっぽくない普通(法人)の会社です。でも普通の会社より稼げるし、明るく楽しい職場です。
梅田ゴールデン倶楽部
職種 風俗ワーク/店舗型ヘルス
地域 大阪府日本橋

応募について

採用担当者
スタッフ求人担当
応募について
梅田ゴールデン倶楽部応募方法面接随時受付中、お電話受付7:00~24:00

【応募方法】
面接日に、写真付き履歴書持参の上、ご来店して下さい。

【面接日時】
日曜日を除く、毎日12時~19時

応募電話0120-03-5255   面接地大阪市北区曽根崎1-2-20
インタビュー一覧に戻る
  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【梅田ゴールデン倶楽部】の求人情報
電話応募について
「メンズバニラを見た!」で限定特典!

研修期間でも時給1600円!

電話番号
0120-035-255
採用担当者:スタッフ求人担当
梅田ゴールデン倶楽部
IDをコピーする

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。