PROFESSIONAL
INTERVIEW
Aroma De Paris -アロマデパリ-
店長・幹部候補
藤本さん 53歳

部下に慕われる理由は、誠実さと仕事への覚悟。「一家の大黒柱」として若い息子、娘たちを導く

部下に慕われる理由は、誠実さと仕事への覚悟。「一家の大黒柱」として若い息子、娘たちを導く

Aroma De Paris -アロマデパリ-

店長・幹部候補
藤本さん 53歳
年収
800万以上
勤続年数
5年8ヶ月

大阪府出身。電気工事士として働いたのち営業職に。大阪の営業所の責任者として活躍するも、思いがけない出来事をきっかけに夜の世界へ足を踏み入れる。『アインズグループ』入社後、現在は『Aroma De Paris -アロマデパリ-』の店長として辣腕を振るう。
通称“アロパリのお父さん”。部下やキャストからは「一緒にいると安心する」と評判なのだとか。

バブルの魔力で目覚めた稼ぐことへの執着心。“努力を辞さないスタイル”が掴んだ功績と幸福

none
――ご出身は?

大阪府です。工業高校を卒業したあとは、電気工事士として地元のとある工務店に就職。初任給は安かったけど、厳しくも気が合う親方もいたし不自由なく働けていたと思います。
ところが、当時はバブル絶頂期。ジャンジャン稼いで湯水のように使うのが普通だった時代です。例に漏れず僕の友人たちもみんなそうなっちゃって。彼らとディスコやバーで遊んでいると、「あいつらはあんなに羽振りがいいのに、俺ってショボいなあ」と、なんだかみじめに思えてきてね……。
で、だんだん「もっと稼いでやろう」「彼らに追いつこう」と思うように。それで工務店を辞めて、同じく電気関係の資材を扱う商社へ入社しました。

――なぜまた電気関係に?

売るものの知識を覚える時間がもったいないと思っていたので、勝手知ったる業界なら手っ取り早いかなと。主に店舗照明を売ることになりました。当時はとにかく金に対する執着が強かったから目の前の仕事を片っ端からこなす日々。だけど同僚や上司はひどいもので、なあなあというか、適当というかやる気がまるで感じられない。もちろん、営業のノウハウもまともに教えてもらえず。

――孤軍奮闘状態だった?

はい。なので「仕事は現場で、身体で覚えよう」と、彼らがやりたがらない飛び込み営業に率先して挑戦しました。われながら、すごいバイタリティだったなあ(笑)。
でもしんどいことを敢えてやったおかげで、話術はもちろん、新規開拓のノウハウや顧客との信頼関係を構築するなど、これが「俺の営業力だ」と自負できるような能力が身についたんだと思います。
そうこうするうちに取引先も以前の数十倍に広げられて、名の知れた大企業とも商談できるまでに。その功績が認められ、大阪に新しくできた営業所を任せてもらえることになったんです。

――すごい。努力の賜物ですね。

いやあ、あのときは鼻高々でしたよ(笑)。それに、拠点のトップとして社員の管理という新たな仕事ができたことで、さらに燃えましたね。ほかの営業所には絶対負けたくなくて、部下を鼓舞しつつ僕の営業テクを伝授。一丸となって商品を売ったおかげで「大阪営業所はスゴい」と本社からもお墨付きももらえるほどに。
そして、私生活でも30代はイケイケでしたね。結婚して子どもも2人できました。

何もかも失った男を再び立ち上がらせた夜の世界。最初の職場は“納得できないもの”だった

none
――まさに順風満帆。

ええ。でもその一方、仕事を言い訳に家庭ではダメ亭主そのもの。休みの日はゴロゴロ、子育ても嫁に押し付けっぱなしでした。すると40歳になったとき、ついに嫁から三下り半を突きつけられちゃって。
当然の報いとはいえ、突然1人になったことでもう頭は真っ白。なんのためにがんばればいいのかわからなくなり、仕事も手につかなくなって、翌月に退職。あっという間に何もかもなくしてしまったんです。

――天国から地獄へ……。

それでも、お金を稼がなくては生きていけないし、養育費だって払えない。だんだん追い詰められた結果「独り身になって自由になったんだから、いっそ新しいことを始めよう」と頭を切り替え、風俗店のスタッフに転職を決めました。

――なぜ風俗業界に?

1つは給料のベースを落としたくなかったから。もう1つは、この業界が何兆円もの経済効果を生んでいるうえ、なお成長し続けているというのをとある雑誌で見て、興味を持ったんです。

――お金の匂いを感じたと(笑)。

まあ、それも含めて純粋に関心がありました(笑)。ただ、細かい業種についてはよくわからず、最初はホテヘルに就職。営業力には自信があったけど、受付ひとつとっても前職とのギャップに苦労したのを覚えています。お客様のところに「行く」から、「来ていただく」に変わっただけなのにうまく適応できず、しばらく「いらっしゃいませ」という言葉がなかなか喉から出てきてくれなくてね(笑)。

――あんなにイケイケだったのに?

自分でも意外でしたよ(笑)。さすがに3カ月くらいで業務には慣れましたが、この店にはいろいろ問題があって。スタッフが少なすぎるせいで休みが取れず、店を1人で切り盛りすることもザラでした。
見るからに体調が悪そうな若手も多く、フラフラになってまでこき使われる姿を見続けていたら、だんだんガマンできなくなり「なんで部下を大事にしないんだ」と上司と大ゲンカ。
それでもなお体制も何も変わらないことにイライラして、当時の若手と一緒に退職しました。とはいえ中途半端に業界を去るのはプライドが許さなかったから、規範がしっかりしていそうな大手グループで出直そうと『アインズグループ』に。

“父としての背中を見せる”という思いで奮闘する日々。若い力を導くが己の役目と信じて

none
――『アインズグループ』に入社後のことを。

最初はグループ内の高級デリヘルに配属。「休みはしっかり休もう」というスタンスだったし、社員同士、自由に意見を言い合える風通しのよさもあってやりやすかったですね。
だから仕事も俄然やる気が出て。ブランドを落とさないように、キャストの面接では妥協を許しませんでしたし、礼儀もしっかり指導しました。そのおかげか、半年後にはグループ内の売上上位に食い込めるように。
さらにしばらく経ったある日『アロマデパリ』の店長をやってみないかと声がかかりまして。

――再び管理職に戻ったと。

とはいえ、エステは初めてだったから知識がないことに一抹の不安が。僕が来た当初、ほかのスタッフもやり方がよくわかってなくて、集客もイマイチどころかイマサンレベル(笑)。
だから「エステとは何ぞや」を学ぶため、自ら全国の人気店に客として出向き、好評の秘訣を調査したんです。もちろん旅費を含め全部自腹(笑)。「身銭を切ってこそモノになるはず」とその時は無我夢中でした。

――アツいですね。

いやあ、お恥ずかしい。やはり体験しないとわからないことってあるじゃないですか。で、そのとき得たことを「ええとこどり」して、店のみんなに実行してもらいました。それが功を奏してかお客様からもサービスをお褒めいただけるようになって、客足もグンとアップ。うちのセラピストはまじめな子ばかりだから、そこもプラスに働いたのかも。

――聞くところによると、セラピストからは「お父さん」と呼ばれてるとか。

実際に親子ほど歳が離れていますからね(笑)。「ちゃんと話を聞いてくれるだろうか」と最初は内心どぎまぎしていました。頼ってもらえるうれしさと同時に「店の大黒柱としてしっかりしないとな」と、より気が引き締まります。

――それでは今後の目標を。

“娘”たちのためにもブランドの店舗数を増やしたいし、集客をもっと伸ばして稼がせてあげたい。行く行くは東京進出もしていきたいですね。
そう思うと僕一人の力では不十分。だから新たな力が必要なんです。

――どんな人なら向いている?

やはり、仕事に対する誠意が第一かな。ひたむきに取り組めばいつかは結果に繋がるはず。最初から仕事を完璧にできる人なんかいないですよ。
はじめは不安があるかもしれないけど、僕もこれまで培ってきた経験を活かしてサポートします。若い息子、娘たちを導くのが家長としての役目ですから。
写真・記事:メンズバニラ編集部

Aroma De Paris -アロマデパリ-のリアル給与明細

店長・幹部候補
年齢
52歳
職位
店長
  • 基本給
    350,000円
  • 役職給
    200,000円
  • 歩合給
    150,000円
  • 特別手当
    100,000円
  • 交通費
    10,000円
勤続期間
5
合計
810,000
店舗スタッフ
年齢
33歳
職位
マネージャー
  • 基本給
    350,000円
  • 役職給
    100,000円
  • 特別手当
    50,000円
  • 交通費
    10,000円
勤続期間
2
合計
510,000
送迎ドライバー
年齢
32歳
職位
アルバイト
  • 時給1500円×70時間
    105,000円
勤続期間
3ヶ月
合計
105,000

会社情報

経験なんて関係ない。未経験でも時給1,300円~!目に見えた仕組みがあるから昇給しやすい!
Aroma De Paris -アロマデパリ-
職種 風俗ワーク/デリバリーヘルス
地域 大阪府難波

応募について

採用担当者
武田(タケダ)
応募について
■ちょっとでも気になった方、お気軽にお問い合わせください。
ココでの文章だけでは伝えられない弊社の魅力をお伝えしたいと思います。心よりお待ちしております!

※お電話、メールともに24時間受付中。面接随時行ってます!
インタビュー一覧に戻る
  • マイリストに追加しました

    追加したお店を見るには
    マイリスト から確認して下さい

  • 【Aroma De Paris -アロマデパリ-】の求人情報
電話応募について
「メンズバニラを見ました!」とお伝えください。
電話番号
0120-197-107
採用担当者:武田(タケダ)
Aroma De Paris -アロマデパリ-
IDをコピーする

サイトに関するご意見・ご要望

いただいたご意見への返信は行っておりません。
返信の必要な内容については、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

メンズバニラへのご意見ありがとうございます。

いただきました貴重なご意見は、
メンズバニラのサービス向上に役立たせていただきます。

今後ともメンズバニラをよろしくお願いいたします。